ニュース

日本にメタルの巨大フェス誕生! スレイヤー、メガデスから若手まで

2006/06/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 この夏、日本でのフェスティヴァルはかなり豪華と話題ですが、休む間もなく秋には新たなメタル系フェスティヴァルが誕生することになりました。“LOUD PARK '06”なるこのフェス、室内での開催ながら、夏フェスにも海外でのメタル・フェスにもひけを取らない巨大な規模になるようです。

 現時点で発表されている出演バンドは、スレイヤー(写真は名作『レイン・イン・ブラッド』)とメガデスの大物ベテランを筆頭に、イン・フレイムスアーク・エネミーの北欧勢、米国からはキルスウィッチ・エンゲイジヘイトブリードの中堅に加え、新興勢力のブラック・ダリア・マーダーラム・オブ・ゴッド、個性派のマストドンが参戦。英国のブレット・フォー・マイ・ヴァレンタインのような新星もいれば、メロディック・パワー・メタル系のドラゴンフォース、ロックンロール系のバックヤード・ベイビーズにインダストリアルの権化であるミニストリー、ゴシックのウィズイン・テンプテーションから元祖グラインド・コアの大ベテラン、ナパーム・デスまで、現代におけるヘヴィ・ミュージックのありとあらゆるタイプのバンドが集結しています。そして、マニアの間で早くも話題沸騰となっているのがオーペスの来日。フェスの限られた時間内であの長尺の曲をどう披露するのか、今から楽しみです。

 日程は10月14日(土)・15日(日)、千葉・幕張メッセ 9・10・11ホール。なお、出演バンドは今後も増えていく予定ですので、同フェスのHPはこまめにチェックを。来年以降の定着なるか、メタル・ファンは注目です。

<LOUD PARK '06開催日程>
10月14日(土) 千葉・幕張メッセ 9・10・11ホール
10月15日(日) 千葉・幕張メッセ 9・10・11ホール
料金:1日券 \12,000/2日通し券 \20,000(ともに税込)
問:クリエイティブマン

●出演予定バンド
スレイヤー
メガデス
ミニストリー
イン・フレイムス
アーク・エネミー
バックヤード・ベイビーズ
ドラゴンフォース
キルスウィッチ・エンゲイジ
ヘイトブリード
ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン
ナパーム・デス
オーペス
ラム・オブ・ゴッド
マストドン
ブラック・ダリア・マーダー
ウィズイン・テンプテーション
Flyleaf
続報
ミニストリー、LOUD PARK出演と単独公演をキャンセル
ミニストリーがLOUD PARK 06への出演をキャンセルしました。アーティストの都合によるものとのこと。同時期に決定していた単独公演も中止となります。
[ 2006/09/07掲載 ]
LOUD PARK '06、アングラの出演が決定
LOUD PARK '06フェスティヴァルに、7月に各メンバーのプロジェクト作品が一挙にリリースされるアングラの出演が決定しました。
[ 2006/06/09掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015