ニュース

銀座シネパトス最後のお正月映画! 『SUSHI GIRL』が公開決定!

マーク・ハミル   2012/10/25 15:52掲載
はてなブックマークに追加
銀座シネパトス最後のお正月映画! 『SUSHI GIRL』が公開決定!
 “『レザボア・ドッグス』×『キル・ビル』”とも評される、70'sホラーをほうふつとさせる狂気とヴァイオレンス! 〈ファンタジア映画祭〉にて初披露されるや話題騒然となっていた映画『SUSHI GIRL』12月22日(土)より、銀座シネパトスほかにて公開されます。

 ──刑務所で6年間服役したフィッシュは、強盗を起こしたほかの仲間のことは一切口外せずひたすら沈黙し続けていた。彼が出所したその夜、4人の仲間たちに出迎えられ、自由になったことを祝うため出所祝いパーティが催された。ディナー・テーブルにはなんと、美しい女性の裸の身体の上に寿司を並べた“女体盛り”が。やがて男たちは行方のわからない盗品やら昔の因縁やらを巡って険悪になり、口論になり、フィッシュを拷問しはじめるのだった──。

 本作の監督は、かのジョージ・A・ロメロ監督主催による短編ゾンビ映画コンテストにて、応募作300本以上の中から見事優秀賞に選ばれ、その名を知らしめたカーン・サクストン。キャストには、『スター・ウォーズ』旧3部作の主人公“ルーク・スカイウォーカー”役で有名なマーク・ハミルをはじめ、『キャンディマン』のトニー・トッド、『ネバー・エンディング・ストーリー』のノア・ハサウェイ、『ターミネーター2』のマイケル・ビーン、『マチェーテ』のダニー・トレホ、そして日本からは千葉真一、そして本作の重要な役割を担う“スシ・ガール”には、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』や『アリス・イン・ワンダーランド』などに出演したコートニー・パームが抜擢と、辛抱たまらずグッとくる顔ぶれが勢ぞろい。奮って劇場へ!

SUSHI GIRL


※12月22日(土)より、銀座シネパトスほか全国順次公開
■『SUSHI GIRL』

監督・脚本・製作・編集:カーン・サクストン
テーマ曲:「イン・エヴリ・ドリーム・ホーム・ア・ハートエイク」(ロキシー・ミュージック)
出演:トニー・トッド / ジェームズ・デュヴァル / ノア・ハサウェイ / アンディ・マッケンジー / マーク・ハミル / コートニー・パーム / 千葉真一 / ダニー・トレホ / マイケル・ビーン

提供・配給:アース・スター エンタテインメント
(C)2011 SUSHI GIRL FILMS
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表
[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』
[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo
[インタビュー] いろんなジャンルの曲をクロマチックハーモニカでどう表現できるか――山下伶の全方位的な新作アルバム[特集] 音楽好きだからこそハマってしまう! 『アイ★チュウ』のただならぬ中毒性とは?
[インタビュー] 証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま”[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』
[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ![インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015