ニュース

銀座シネパトス最後のお正月映画! 『SUSHI GIRL』が公開決定!

マーク・ハミル   2012/10/25 15:52掲載
はてなブックマークに追加
銀座シネパトス最後のお正月映画! 『SUSHI GIRL』が公開決定!
 “『レザボア・ドッグス』×『キル・ビル』”とも評される、70'sホラーをほうふつとさせる狂気とヴァイオレンス! 〈ファンタジア映画祭〉にて初披露されるや話題騒然となっていた映画『SUSHI GIRL』12月22日(土)より、銀座シネパトスほかにて公開されます。

 ──刑務所で6年間服役したフィッシュは、強盗を起こしたほかの仲間のことは一切口外せずひたすら沈黙し続けていた。彼が出所したその夜、4人の仲間たちに出迎えられ、自由になったことを祝うため出所祝いパーティが催された。ディナー・テーブルにはなんと、美しい女性の裸の身体の上に寿司を並べた“女体盛り”が。やがて男たちは行方のわからない盗品やら昔の因縁やらを巡って険悪になり、口論になり、フィッシュを拷問しはじめるのだった──。

 本作の監督は、かのジョージ・A・ロメロ監督主催による短編ゾンビ映画コンテストにて、応募作300本以上の中から見事優秀賞に選ばれ、その名を知らしめたカーン・サクストン。キャストには、『スター・ウォーズ』旧3部作の主人公“ルーク・スカイウォーカー”役で有名なマーク・ハミルをはじめ、『キャンディマン』のトニー・トッド、『ネバー・エンディング・ストーリー』のノア・ハサウェイ、『ターミネーター2』のマイケル・ビーン、『マチェーテ』のダニー・トレホ、そして日本からは千葉真一、そして本作の重要な役割を担う“スシ・ガール”には、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』や『アリス・イン・ワンダーランド』などに出演したコートニー・パームが抜擢と、辛抱たまらずグッとくる顔ぶれが勢ぞろい。奮って劇場へ!

SUSHI GIRL


※12月22日(土)より、銀座シネパトスほか全国順次公開
■『SUSHI GIRL』

監督・脚本・製作・編集:カーン・サクストン
テーマ曲:「イン・エヴリ・ドリーム・ホーム・ア・ハートエイク」(ロキシー・ミュージック)
出演:トニー・トッド / ジェームズ・デュヴァル / ノア・ハサウェイ / アンディ・マッケンジー / マーク・ハミル / コートニー・パーム / 千葉真一 / ダニー・トレホ / マイケル・ビーン

提供・配給:アース・スター エンタテインメント
(C)2011 SUSHI GIRL FILMS
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015