ニュース

『ベートーヴェン4コマ劇場−運命と呼ばないで』、漫画&公式サウンドトラック発売

ベートーヴェン(Ludwig Van Beethoven)   2014/04/24 15:23掲載
はてなブックマークに追加
『ベートーヴェン4コマ劇場−運命と呼ばないで』、漫画&公式サウンドトラック発売
 ベートーヴェンと弟子の師弟生活をコメディ・タッチで描いた漫画『ベートーヴェン4コマ劇場−運命と呼ばないで』(1,000円 + 税 学研パブリッシング)が4月22日に書籍および電子書籍で発売されました。アルバム『運命と呼ばないで-ベートーヴェン4コマ劇場 公式サウンドトラック「ズンドコマーチ頂上決戦」』(1,200円 ダウンロード配信)も同時リリースです。

 原作漫画は、クラシック音楽のレコード会社であるナクソス・ジャパンがストーリー作成を手がけ、絵描き兼デザイナーのIKEが画を担当するという異色のタッグで、2012年10月よりナクソス・ジャパンの公式WEBサイト上で連載を開始。Twitter、Facebookなどでの数多くの反響を呼びました。

 今回発売された書籍は、WEBで連載された本編に加え、新たな描き下ろしとして、本編のプロローグとなるカラー口絵、番外4コマ漫画ほか、登場キャラクター紹介、コラム、年表、音楽解説などをふんだんに収録。単なるベートーヴェンの伝記漫画にとどまらず、音楽をとりまく人間模様や社会状況を、現代に通じるリアリティとユーモアをもって伝える内容となっています。帯には指揮者・佐渡裕氏からの推薦コメントが掲載されています。

 サントラ・アルバムには漫画に登場するベートーヴェンの作品、および登場キャラクター(リース、チェルニー、クレメンティ、フィールド他)にまつわる楽曲を全50曲(約7時間分)収録し、音楽を聴きながら漫画の細部までも、想像をふくらませてたっぷりと楽しむことができる内容となっています。

 ナクソス・ジャパンは、これまでもライトノベル風の解説を収録した『交響戦艦ショスタコーヴィチ』シリーズ、思春期の少年がクラシックを紹介するというコンセプトの『ハルサイとか聴いてるヤバい奴はクラスで俺だけ。』などの、オリジナル・ストーリーを主軸としたクラシック音楽商品を展開し、大きな話題を巻き起こしてきました。ナクソス・ジャパンの今後の展開に目が離せません。



■2014年4月22日(火)発売

[書籍および電子書籍]
『ベートーヴェン4コマ劇場-運命と呼ばないで』
gakken-publishing.jp/ongaku/book/dt_book/2380025100.html
1,000円 + 税 学研パブリッシング

[アルバム]
『運命と呼ばないで-ベートーヴェン4コマ劇場 公式サウンドトラック「ズンドコマーチ頂上決戦」』
naxos.jp/special/no_unmei
1,200円 音楽ダウンロード配信
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015