ニュース

谷山浩子、栗コーダーカルテットとのコラボレーション作品を9月にリリース

谷山浩子   2016/07/04 16:35掲載
はてなブックマークに追加
 今年で還暦を迎え、2017年はデビュー45周年のアニヴァーサリー・イヤーとなる谷山浩子が、ROLLYとのコラボレーション作品『暴虐のからくり人形楽団』(写真)に続く“アーティストコラボ企画”第2弾『ひろコーダー☆栗コーダー』(YCCW-10282 2,700円 + 税)を9月14日(水)にリリース。

 同作は、NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」オープニングテーマや、“やる気のないダースベイダーのテーマ”として話題となったスター・ウォーズ「帝国のマーチ」カヴァーなどでおなじみ、リコーダーやウクレレ、ピアニカといった身近な楽器での演奏で知られる栗コーダーカルテットとのコラボレーション作品。10年来の間柄でもある両者がタッグを組んだアルバムには、「NHKみんなのうた」に書き下ろした「しっぽのきもち」「恋するニワトリ」「そっくりハウス」などに加え、昨年岩男潤子に提供した「ピヨの恩返し」も“ひろコーダーカルテット”ヴァージョンで初収録。カヴァー・アートは、シリーズ累計80万部のベストセラー・コミック「となりの801ちゃん」(宙出版刊 / キャラクター原案 はるな)の作家・小島アジコが担当しています。

■2016年9月14日(水)
谷山浩子と栗コーダーカルテット
『ひろコーダー☆栗コーダー』

YCCW-10282 2,700円 + 税

[収録曲]
不思議なアリス / 意味なしアリス / しっぽのきもち(インスト) / ピヨの恩返し / 月が誘う / 猫のみた夢 / 恋するニワトリ / そっくりハウス
全8曲

谷山浩子
猫森集会 Unlimited 〜還暦Birthday Party〜

2016年8月29日(月)
東京 品川 クラブeX(品川プリンスホテル内)
開場 18:00 / 開演 19:00
6,000円(税込 / 全席指定)
一般発売: 2016年7月10日(日)〜


谷山浩子
猫森集会2016

東京 新宿 全労済ホール / スペース・ゼロ
出演: 谷山浩子(vo, pf) / 石井AQ(synth ほか)

[Aプログラム]
“等くん船長と音楽の不思議を巡る旅”

ゲスト: 渡辺 等
9月17日(土)開場 18:30 / 開演 19:00
9月19日(月・祝)開場 17:00 / 開演 17:30

[Bプログラム]
“花音と浩子のへんてこカノン”

ゲスト: 分島花音
9月18日(日)開場 17:00 / 開演 17:30

[Cプログラム]
“なんとかなるなるトリオのオールリクエストライブ”

ゲスト: 斎藤ネコ
9月21日(水)開場 18:30 / 開演 19:00
9月22日(木・祝)開場 17:00 / 開演 17:30

[Dプログラム]
“昭乃と浩子の秘密すぎる花園”

ゲスト: 新居昭乃
9月24日(土)開場 17:00 / 開演 17:30
9月25日(日)開場 17:00 / 開演 17:30

[チケット]
前売 6,800円 / 当日 7,300円(税込 / 全席指定)
一般発売: 2016年7月24日(日)〜

谷山浩子
ソロライブツアー2016


・10月1日(土)
北海道 札幌 KRAPS HALL
開場 17:00 / 開演 17:30

・10月2日(日)
北海道 札幌 KRAPS HALL
開場 16:30 / 開演 17:00

・10月15日(土)
兵庫 神戸酒心館
開場 17:00 / 開演 17:30

・10月16日(日)
広島 ゲバントホール
開場 16:30 / 開演 17:00

・10月21日(金)
愛知 名古屋市千種文化小劇場
開場 18:30 / 開演 19:00

・10月22日(土)
京都文化博物館 別館
開場 17:00 / 開演 17:30

・10月29日(土)
宮城 エル・パーク仙台 スタジオホール
開場 17:00 / 開演 17:30

・10月30日(日)
福島 郡山 創空間 富や蔵
開場 17:00 / 開演 17:30

・11月5日(土)
福岡 ROOMS
開場 17:00 / 開演 17:30

・11月6日(日)
福岡 ROOMS
開場 16:30 / 開演 17:00

・11月12日(土)
神奈川 鎌倉 歐林洞ギャラリーサロン
開場 17:00 / 開演 17:30

・11月19日(土)
長野市芸術館リサイタルホール
開場 17:00 / 開演 17:30

・11月23日(水・祝)
石川 金沢21世紀美術館 シアター21
開場 17:00 / 開演 17:30

・12月3日(土)
香川 高松 SUMUS cafe
開場 17:00 / 開演 17:30

・12月4日(日)
愛媛 松山 MONK
開場 17:00 / 開演 17:30

・12月16日(金)
大阪 ザ・フェニックスホール
開場 18:00 / 開演 18:30


[チケット]
前売 5,800円 / 当日 6,300円(税込)
※別途ドリンク代のかかる会場があります。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015