ニュース

ZIGZO、復活ライヴを赤坂BLITZで開催!

ZIGZO   2012/03/19掲載(Last Update:12/04/04 10:21)
はてなブックマークに追加
ZIGZO、復活ライヴを赤坂BLITZで開催!
 2002年3月に赤坂BLITZで行なわれた解散ライヴから10年と1日が経った3月17日(土)、同じく赤坂BLITZにて、ZIGZOが復活ライヴ<THE 2nd SCENE ZIGZO>を行ないました! 万感の思いを吐き出した熱狂の一夜をレポートします!

ZIGZO
THE 2nd SCENE ZIGZO
2012. 3. 17 赤坂BLITZ
〜 オフィシャル・レポート 〜


 「20世紀最高のロック・バンドと自ら名乗っていたZIGZOが、21世紀最高のロック・バンドとしてここに復活しました。見届けてくれて、どうもありがとう!」 3月17日、夜。10年と1日前、すなわち10年前の3月16日に東京・赤坂BLITZでの公演を最後に解散したZIGZOが、同じ場所(正確には当時とは異なる建物としてリニューアルされているが)で復活を遂げた。フロントマンのTETSU(vo、g)がこの言葉を吐いたのは、開演からすでに2時間15分ほどを経過し、かつての解散ライヴの幕開けに演奏された「splash!」がこの夜の23曲目のナンバーとして披露され、熱気の充満する場内をひとつに束ねた直後のこと。彼が"約束の歌"と紹介した同楽曲で文字通りの最高潮を迎えたライヴは、そのまま幕を閉じてしまうものかと思いきや、最後の最後、この4人が10年ぶりに再会して最初に作られたものだという正真正銘の新曲、「DECADE」を炸裂させて着地点へと到達した。

 ライヴは1stアルバム『MONSTER MUSIC』の1曲目に収められていた「Wonderful Day」で、午後6時の開演予定時刻を10分ほど過ぎた頃、懐かしい映像や写真が散りばめられたイントロダクションに導かれながら始まった。「Wonderful Day」に始まり「splash!」に終わるという構成は、まさに前述の解散ライヴのときの真逆の展開。そして実際、まるで時計の針を強引に逆回転させるかのようにしてZIGZOは蘇生し、生ぬるいノスタルジアや熟成の名を借りた"枯れ"とは無縁の、過度なほどにエネルギッシュなライヴ・パフォーマンスを繰り広げた。実際、TETSUがステージ上で何度か口にしていたように、この10年のうちに失われてしまったものも少なからずあるのかもしれない。が、それ以上に、メンバーたちはこの経過のなかでたくさんのものを獲得してきた。だからこそこの夜、こうした極上のマジックが起こり得たのだろう。あまりに手垢のついた表現で気恥ずかしいばかりだが、それが筆者の素直な本音である。


ZIGZO

ZIGZO


 TETSU、RYO(g)、DEN(b)、そしてSAKURA(ds)。4人のメンバーたちは、必死にかつての自分たちを取り戻そうとするのでも、最新型のZIGZOを提示しようと躍起になるのでもなく、ごく自然なスタンスで、“成熟を重ねながら、今なお前傾姿勢で疾走中であること”を証明してみせた。もう少し具体的に言うなら、10年以上前に生まれた彼らの楽曲群は、まるで当時から4人の現在を予見していたのではないかと感じられるほど、“今”の彼らに見事なくらいぴったりとフィットしていたのだ。

 そんな様子を目の前で見せつけられれば“次”を期待したくなるのが人間の性というものだが、約2時間20分の演奏を終えてメンバーたちが去ったステージ上のスクリーンで告知されたのは、この6月から10年ぶりの全国ツアーが行なわれるという最新の事実。当選確率5倍という激戦を勝ち抜いてフロアを埋め尽くしていたオーディエンスはその瞬間、歓喜の声をあげた。

 ちなみに6月16日に仙台で幕を開けるこのツアーは、東京・新宿LOFTでの三夜公演を含むもの。当然ながらこの新たな展開に向けて彼らはさらなる新たな“爆弾”の数々を用意してくるはずだし、改めて言うまでもなく、この次には新たな音源の発表についても期待したくなってくる。少なくとも3月17日現在においての情報は、このツアーに関するものだけだが、10年と1日を経て“約束”を果たしたZIGZOのこと、そこで立ち止まってしまうとは考えたくないところだ。「春になれば、はなればなれも恐くないさ」と繰り返す「splash!」と、これまでの経験と記憶のすべてを総括しながら"今"を体現している「DECADE」の余韻のなかで、僕は、春の訪れを実感している。もう"早過ぎたバンド"とも"短命に終わった不運なバンド"とも、誰にも言わせない。なにしろ21世紀を生きる最高のバンド、ZIGZOが新しい季節を迎えたのだから。今後の4人から、目を離さずにおきたいところである。(文:増田勇一、写真:平沼久奈)


ZIGZO、10年振りの全国ツアー「TOUR THE 2nd SCENE ZIGZO」決定!
東京公演は新宿LOFT3DAYS!!(内容は毎日異なります)
<TOUR THE 2nd SCENE ZIGZO>

●6月16日(土)仙台darwin
●6月17日(日)盛岡CLUB CHANGE
●6月19日(火)札幌KRAPS HALL
●6月23日(土)名古屋Electric Lady Land
●6月24日(日)大阪umeda AKASO
●6月26日(火)福岡DRUM Be-1
●6月29日(金)新宿LOFT DAY1 “DECADE”
●6月30日(土)新宿LOFT DAY2 “暗闇でサングラス”
●7月1日 (日)新宿LOFT DAY3 “TOUR FINAL”

料金:前売 5,000円 / 当日 5,500円(税込 / 別途ドリンク代 / オールスタンディング)
※一般発売日:5月12日(土)〜

《先行予約:ローソンチケット・抽選先行》
※枚数制限:1公演につきお1人様4枚まで
http://l-tike.com/zigzo2012/
受付期間:3月17日(土)22:00〜3月30日(金)18:00
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015