“遅れてきたテナー・サックスの逸材”ボブ・キンドレッドに訊く

ボブ・キンドレッド   2007/06/25掲載
はてなブックマークに追加
 ジャズ・テナー・サックス奏者のボブ・キンドレッドは今年67歳になる大ベテラン。前作『ブルー・ムーン』(2005年)で、64歳にして日本デビューを果たした遅咲きのテナーマンに、新作『ボレロとブルースの夜』(写真)の聴きどころを語ってもらった――。



 3年前に『ブルー・ムーン』を発表し、64歳にしてようやく本邦デビューを飾ったボブ・キンドレッド。この“遅れてきたテナー・サックスの逸材”が新作『ボレロとブルースの夜』で取り上げたテーマは、美しい亜熱帯の夜を思わせる濃厚なキューバン・ボレロだ。


 「プロデューサーの原さん(ヴィーナスレコード)と前作で共演したジョン・ディ・マルティーノ(p)との話しの中から、ぜひ僕のテナーで美しいキューバン・ボレロを聴きたいっていう提案があったんだ。僕も“それはやりがいがあるレコーディングだ”って思ったね」

 前作のジョージ・ムラーツ(b)とベン・ライリー(ds)に代え、ベースにボリス・コズロフを、そしてドラムスにはキップ・ハンラハンのユニット“ディープ・ルンバ”でも知られるホラシオ・“エル・ネグロ”・ヘルナンデスを起用した。

 「メンバーは前回同様ジョンのピアノを中心に、このアルバムの雰囲気に適した人を選んだんだ。まずベースには力強くてダークな感じが欲しかったからロシア出身の名手、ボリス・コズロフに頼んだ。そして、ドラムスは現代キューバを代表するイキのいいホラシオ“エル・ネグロ”ヘルナンデスに声をかけた。彼はジャズとキューバン・リズムを融合させた非常にクリエイティヴな人間なんだ。彼のプレイはメロディックなラテンの血が通っていて素晴らしいね」
 強者のサイドメンが奏でるキューバとメキシコのボレロを、キンドレッドのふくよかなテナー・サックスがブルース色に染め上げる。ラテン音楽とブルース、ジャズの幸福な出会いが、夜の香気に満ちたムードたっぷりの作品を生んだ。

 「出来上がったアルバムを聴いてみると、ジャズのブルース・フィーリングとボレロのセクシーなフィーリングが素晴らしいバランスでマッチングしていて大満足だよ」

 ところで今年67歳になる大ベテランのキンドレッドだが、一楽団員としての演奏やインディーズでの地道な活動が長く、そのキャリアはあまり知られていない。彼のバックグラウンドを聞いてみた。

 「僕はアルト・サックスも好きだしクラリネットも演奏する。実はデューク・エリントンの音楽の大ファンなんだよ。だからエリントン・サウンドをテナー1本で再現するような音楽をクリエイトしたいと思っているんだ。たとえて言うなら、僕はバリトン・サックス奏者のハリー・カーネイ(エリントン楽団を支えた名プレイヤー)のテナー版かもしれない」

――影響を受けたプレイヤーをあげるとすると?
 「好きなテナー・サックス奏者はたくさんいる。レスター・ヤングからコールマン・ホーキンススタン・ゲッツベン・ウェブスター……、あげていくときりがない。でも、一番影響を受けたのはなんとテナーではなくアルト・サックスのジョニー・ホッジスフィル・ウッズなんだ。本当に彼らの演奏は感動的だよ」
 深みのある音色とブルージーなフレージング、そしてメロディアスな歌心。なるほどキンドレッドの演奏には、先にあげた偉人たちの精神が脈々と受け継がれている。最後に彼のポリシーをたずねると、これまた古きよき時代を知るベテランならではの答えが返ってきた。

 「僕の目指すスタイルは常にひとつさ。それは、聴く人にいかにいろいろな感動を与えられるか、感動してもらえるかが一番にある。テクニックはそのための物で技巧だけに走るのは禁物だね」


取材協力/ヴィーナスレコード


構成/吉井 孝(2007年6月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015