アルバム 『ON THE ROCKS!』 から約2年。ついにEGO-WRAPPIN’から待望の新作 「GO ACTION」 が到着!

EGO-WRAPPIN’   2008/07/08掲載
はてなブックマークに追加
 アルバム『ON THE ROCKS!』から約2年。ついにEGO-WRAPPIN’から待望の新作「GO ACTION」が到着! 中納良恵の情熱的な歌声と、目まぐるしく展開が変わるドラマティックなサウンドが絶妙にスウィングする今作は、まさしくエゴの真骨頂ともいえるハイブリッドな魅力に満ち溢れた一曲に仕上がった。


 前作『ON THE ROCKS!』から約2年、EGO-WRAPPIN’の待望の新作が、アルバムに先駆けて(エゴとしては非常に珍しい)シングルという形でリリースされる。その名も「GO ACTION」。
 「『ON THE ROCKS!』を出してから、私は半年ぐらい自分の時間があったので、ソロの新曲を作りながら、ライヴとかちょくちょくこなして。で、ソロ(『ソレイユ』)を出したりしてました。ソロは、ちょっとセンチなアルバムで」 (中納良恵)
 「僕も……何かはしてました(笑)。相変わらず音楽聴きまくりみたいな。音楽聴かない日はなくて、普通に聴きたくなるんですよね。それがすごいパワーの源になってるから。今でも“ここがええなあ、カッコええなあ”って影響されるし。それに飽きたら、もう音楽やってないぐらいの感じかもしれない」 (森 雅樹)


 そうして2年の間、貯めに貯めまくった2人のエネルギーが、「GO ACTION」では一気に爆発している。ルーディで不良っぽいブラスのイントロに始まり、レゲエの熱気やトリッキーなステップ、「それメタルじゃん!」なギター・ソロまで登場するトリックスターなアレンジ、中納良恵の強烈にパンチが効いたヴォーカルと、まさにEGO-WRAPPIN’の独壇場的な一曲だ。
 「曲ができたのは、今年の3月頃ですかね。アルバムに向けて曲を作り貯めしていた時期で。森くんちに行ったら、このイントロだけが最初にあったんですよ」 (中納)
 「始めっから全体の流れが決まってたわけじゃなくて、いろんな曲のコード進行とかアプローチとかをくっつけていったような感じです。1回目の練習の時に思いついて、間奏に突飛なもんを入れてみたり、うまく収まるまでけっこう時間がかかったほうで。“この感じは今までないやろ”という気持ちでやってるところはありました。自分たちの曲としても、他のアーティストの曲の中でも」 (森)

 また、〈赤鼻パンク〉〈泥だらけで分けあうストロベリーの味〉等々、独特のボキャブラリーで綴られる中納の詞もインパクト十分。

 「〈赤鼻パンク〉っていうのは国旗のことですね。自分たちがここにいる!っていう宣言みたいなもんです」 (中納)

 カップリングはなんとシンディ・ローパーのデビュー曲「Girls Just Want To Have Fun」という超大ネタ! 常に新しいもの、今までに無かった音楽を希求していながら、彼らの根本的なスタンスは、今からちょうど10年前の1stアルバム『ブルー・スピーカー』から今現在まで、何一つ変わっていないように思う。
 「好きな部分を、いいバランスで合わせていく、それで1曲成立さす、っていうのがEGO-WRAPPIN’の音楽なんかなって。なんか成立さしたいんですよ。その合わし方とか、リズムの乗せ方とかが、粋な感じで、それでちょっと笑えたりして。そういうのって、いいっすよね。今作ってるアルバムもかなりいいもんになりそうです。相当“ヤバイ”ですよ」 (森)



取材・文/齋藤奈緒子(2008年6月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015