【ティンテッド・ウィンドウズinterview】往年のパワー・ポップをモダンに昇華――ティンテッド・ウィンドウズのデビュー作

ティンテッド・ウィンドウズ   2010/02/04掲載
はてなブックマークに追加
【ティンテッド・ウィンドウズinterview】往年のパワー・ポップをモダンに昇華――ティンテッド・ウィンドウズのデビュー作
  ファウンテインズ・オブ・ウェインアダム・シュレシンジャーに、チープ・トリックのバン・E.カルロス、テイラー・ハンソン(あの「キラメキ☆MMM BOP」の彼です!)、そして元スマッシング・パンプキンズジェームズ・イハという、目眩がするようなラインナップのスーパー・バンドが、ティンテッド・ウィンドウズだ。傑作アルバム『ティンテッド・ウィンドウズ』をひっさげて、去る1月、ここ日本でも素晴らしいライヴを披露してくれた(その模様は、当サイトの「ニュース」コーナーに掲載中!)。というわけで、アダムと共同プロデュースを手がけた日系アメリカ人、ジェームズのインタビューをお届けします。
――ティンテッド・ウィンドウズのアルバム、素晴らしいですね。ラズベリーズビッグ・スターフレイミン・グルーヴィーズといった、70年代の、いわゆるパワー・ポップ・バンドを思わせる部分があります。
ジェームズ・イハ(以下、同) 「たしかにそうだね。そういったパワー・ポップ・バンドから、決定的な影響を受けている。だけど、ブロンディとかバズコックスといったパンク・バンドがインスピレーションになった部分もあるし……。あとナックとか……、まあ、彼らはパンク・バンドじゃないかもしれないけどさ(笑)。そういったものの、モダン・ヴァージョンが作りたいと思ったんだ」
――ぼくがこのアルバムでとくに好きなのは「カインド・オブ・ア・ガール」「キャント・ゲット・ア・リード・オン・ユー」「ナッシング・トゥ・ミー」……全部アダムの曲で申し訳ないんだけど、彼は本当にキャッチーな、いい曲を書きますよね。ソングライターとして、彼のことをどう見ていますか?
「本当に、今活動しているソングライターのなかで、ベストと言えるような存在だよね。とてもいろんなスタイルを持っているんだけど、曲の作り方にパーソナルな方法論を持っていて、歌詞もすごくスマートかつファニー……皮肉も効いてて。そう、すごくグレイトなソングライターだ」
――でも、実は最初ざっと聴いたとき、最も印象的だったのが、あなたの書いた曲のひとつ「チャ・チャ」だったんですよ。
「えーっ(笑)。あれ、単におかしいっていうか、あんな曲、書いたことがなかった。すごくオールドファッションなロックンロールで……」
――ブギ……ZZトップみたいな?
「いや、ぼくにとっては、チャック・ベリーふうのリフというか。とにかく、楽しみたくて、初めてあんな曲を書いたんだ。でも、それが一番印象的とは……(笑)」
――すみません(笑)。
「いや、クールなことだよ(笑)。とにかく、いい曲だしね。みんな、けっこう好きって言ってくれるんだ」
――あなた自身のことをうかがえば、もう10年以上も前に、唯一のソロ・アルバム『レット・イット・カム・ダウン』を出されていますよね。あれ、本当に大好きでした。正直言って、ぼくにとってあなたは“スマッシング・パンプキンズのメンバー”というより、あのアルバムを作った人……って感じなんですよ。
「ありがとう!」
――本当は、もっと自分の音楽をやってほしいんですが、アダムや(アイヴィー)のアンディといっしょにスタジオを経営してて、忙しいんですよね……。最近は、いかがですか?
「ストラトスフィア・スタジオは、いい感じだよ。でも、最近は、既存の音楽業界の調子があまりよくないだろ。だから、経営自体はなかなか大変になってきてる。いや、まあ、そんな深刻な話じゃないけどさ(笑)。ぼくらは別にビッグ・ビジネスをやってるわけじゃないし、やってて楽しいし(笑)。だいたい、いつもいい音楽とかかわっていたくて、そういうことをやってるんだからね。ビジネス的には、つねに大変(笑)」
――でも、最近の音楽状態の傾向(おそらく、ビッグな予算のレコーディングでスタジオがブッキングされることは減っている)からすると、ようやく自分のソロ・アルバムにかかれたりするんじゃないですか(笑)?
「うん、まあね。だいたい……半分くらいはできてる、って感じかな。今年中に、完成できたら、とは思ってるんだけどね」
取材・文/伊藤英嗣 for COOKIE SCENE(2010年1月)
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015