【ティンテッド・ウィンドウズinterview】往年のパワー・ポップをモダンに昇華――ティンテッド・ウィンドウズのデビュー作

ティンテッド・ウィンドウズ   2010/02/04掲載
はてなブックマークに追加
【ティンテッド・ウィンドウズinterview】往年のパワー・ポップをモダンに昇華――ティンテッド・ウィンドウズのデビュー作
  ファウンテインズ・オブ・ウェインアダム・シュレシンジャーに、チープ・トリックのバン・E.カルロス、テイラー・ハンソン(あの「キラメキ☆MMM BOP」の彼です!)、そして元スマッシング・パンプキンズジェームズ・イハという、目眩がするようなラインナップのスーパー・バンドが、ティンテッド・ウィンドウズだ。傑作アルバム『ティンテッド・ウィンドウズ』をひっさげて、去る1月、ここ日本でも素晴らしいライヴを披露してくれた(その模様は、当サイトの「ニュース」コーナーに掲載中!)。というわけで、アダムと共同プロデュースを手がけた日系アメリカ人、ジェームズのインタビューをお届けします。
――ティンテッド・ウィンドウズのアルバム、素晴らしいですね。ラズベリーズビッグ・スターフレイミン・グルーヴィーズといった、70年代の、いわゆるパワー・ポップ・バンドを思わせる部分があります。
ジェームズ・イハ(以下、同) 「たしかにそうだね。そういったパワー・ポップ・バンドから、決定的な影響を受けている。だけど、ブロンディとかバズコックスといったパンク・バンドがインスピレーションになった部分もあるし……。あとナックとか……、まあ、彼らはパンク・バンドじゃないかもしれないけどさ(笑)。そういったものの、モダン・ヴァージョンが作りたいと思ったんだ」
――ぼくがこのアルバムでとくに好きなのは「カインド・オブ・ア・ガール」「キャント・ゲット・ア・リード・オン・ユー」「ナッシング・トゥ・ミー」……全部アダムの曲で申し訳ないんだけど、彼は本当にキャッチーな、いい曲を書きますよね。ソングライターとして、彼のことをどう見ていますか?
「本当に、今活動しているソングライターのなかで、ベストと言えるような存在だよね。とてもいろんなスタイルを持っているんだけど、曲の作り方にパーソナルな方法論を持っていて、歌詞もすごくスマートかつファニー……皮肉も効いてて。そう、すごくグレイトなソングライターだ」
――でも、実は最初ざっと聴いたとき、最も印象的だったのが、あなたの書いた曲のひとつ「チャ・チャ」だったんですよ。
「えーっ(笑)。あれ、単におかしいっていうか、あんな曲、書いたことがなかった。すごくオールドファッションなロックンロールで……」
――ブギ……ZZトップみたいな?
「いや、ぼくにとっては、チャック・ベリーふうのリフというか。とにかく、楽しみたくて、初めてあんな曲を書いたんだ。でも、それが一番印象的とは……(笑)」
――すみません(笑)。
「いや、クールなことだよ(笑)。とにかく、いい曲だしね。みんな、けっこう好きって言ってくれるんだ」
――あなた自身のことをうかがえば、もう10年以上も前に、唯一のソロ・アルバム『レット・イット・カム・ダウン』を出されていますよね。あれ、本当に大好きでした。正直言って、ぼくにとってあなたは“スマッシング・パンプキンズのメンバー”というより、あのアルバムを作った人……って感じなんですよ。
「ありがとう!」
――本当は、もっと自分の音楽をやってほしいんですが、アダムや(アイヴィー)のアンディといっしょにスタジオを経営してて、忙しいんですよね……。最近は、いかがですか?
「ストラトスフィア・スタジオは、いい感じだよ。でも、最近は、既存の音楽業界の調子があまりよくないだろ。だから、経営自体はなかなか大変になってきてる。いや、まあ、そんな深刻な話じゃないけどさ(笑)。ぼくらは別にビッグ・ビジネスをやってるわけじゃないし、やってて楽しいし(笑)。だいたい、いつもいい音楽とかかわっていたくて、そういうことをやってるんだからね。ビジネス的には、つねに大変(笑)」
――でも、最近の音楽状態の傾向(おそらく、ビッグな予算のレコーディングでスタジオがブッキングされることは減っている)からすると、ようやく自分のソロ・アルバムにかかれたりするんじゃないですか(笑)?
「うん、まあね。だいたい……半分くらいはできてる、って感じかな。今年中に、完成できたら、とは思ってるんだけどね」
取材・文/伊藤英嗣 for COOKIE SCENE(2010年1月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015