ニュース

趣里主演、猖椰弧藝膿刑遏悗曚げ』が東京国際映画祭にてアジアン・プレミア上映決定

2023/09/19 14:03掲載
はてなブックマークに追加
趣里主演、猖椰弧藝膿刑遏悗曚げ』が東京国際映画祭にてアジアン・プレミア上映決定
 『鉄男』(89)でのセンセーショナルな劇場デビュー以後、世界中に熱狂的ファンを持ち、多くのクリエイターに影響を与えてきた猖椰弧の最新作『ほかげ』が、11月25(土)より東京・ユーロスペースほか全国順次公開。この度、10月23日(月)〜11月1日(水)に開催される第36回東京国際映画祭において、ガラ・セレクション部門に正式出品、アジアン・プレミア上映されることが決定しました。

 本映画は、戦場の極限状況で変貌する人間を描いた『野火』(2014)、太平の世が揺らぎ始めた幕末を舞台に生と暴力の本質に迫った『斬、』(2018)の流れを汲み、戦争を民衆の目線で描き、戦争に近づく現代の世相に問う一作。第80回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ部門に出品され、同映画祭では日本人初のNETPAC賞(最優秀アジア映賞)を受賞。また、第48回トロント国際映画祭 センターピース部門にも出品されるなど、国内外から熱い視線を集めています。

 主演は、2023年後期のNHK連続テレビ小説『ブギウギ』のヒロインに抜擢され、今最も活躍が期待されている俳優、趣里。孤独と喪失を纏いながらも、期せずして出会った戦争孤児との関係にほのかな光を見出す様を繊細かつ大胆に演じ、戦争に翻弄されたひとりの女を見事に表現しています。片腕が動かない謎の男を演じるのは、映像、舞台、ダンスとジャンルにとらわれない表現者である森山未來。戦争で家族をなくし、焼け残った居酒屋で体を売って生きている女と交流を深めていく戦争孤児を『ラーゲリより愛を込めて』や大河ドラマ『青天を衝け』に出演している子役・塚尾桜雅。復員した若い兵士役に、PFFグランプリ受賞作品『J005311』の監督でもある河野宏紀。そして、映画監督、俳優としても活躍する利重剛大森立嗣が脇を固めます。

 第36回東京国際映画祭初日には、昨年同様東京宝塚劇場でオープニングセレモニーが行なわれるほか、生誕120年となる小津安二郎の特集を組むことが発表されています。また、映画監督の安藤桃子がナビゲーターに就任し、東京から映画の可能性を発信し、多様な世界との交流に貢献することを基本理念に運営していくとのこと。映画『ほかげ』が正式出品される「ガラ・セレクション」部門は、2021年から始まり、世界の国際映画祭で注目された話題作や国際的に知られる巨匠の最新作、邦画大作などを中心に上映するもので、過去には、マーティン・マクドナー監督『イニシェリン島の精霊』やノア・バームバック監督『ホワイト・ノイズ』、ウェス・アンダーソン監督『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』、ジェーン・カンピオン監督『パワー・オブ・ザ・ドッグ』などが出品されてきました。東京国際映画祭での上映が『ほかげ』のアジアン・プレミアとなり、上映スケジュールは映画祭公式サイトなどで後日発表されます。なお、猖椰弧藉篤弔虜酩覆東京国際映画祭で上映されるのは、第28回に『野火』がJapan Now部門に出品されて以来、8年ぶり2度目。

 また、今回、新たな計5点の新場面写真が公開。女が戦争孤児の頬に手を添えて見つめる横顔や笑みを浮かべる復員兵、そして、焚火を前に豪快に笑う謎の男の様子などが捉えられています。一方、何かを訴えるような表情で一点を見つめる戦争孤児や暗闇の中に項垂れるように佇む復員兵の姿からは、終戦から生き延びた人々が抱える痛みと闇を感じさせられます。

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示



©2023 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER

映画『ほかげ』
2023年11月25(土)より東京 ユーロスペースほか全国順次公開
hokage-movie.com
配給: 新日本映画社

第36回東京国際映画祭
2023.tiff-jp.net/ja
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015