ニュース

ストレンジ・デイズ・レコード紙ジャケ最新版は、ナッズとプリティ・シングス

2006/02/24掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 非常にマニアックなリリースでマニアを喜ばせている、ストレンジ・デイズ・レコードの紙ジャケット・シリーズ最新版が発売となります。今回登場するのは、鬼才トッド・ラングレンが率いたナッズ(NAZZ)と、再結成後のプリティ・シングス

 ナッズは1968年のデビュー作『ナッズ』(写真)からトッド脱退後に発表されたラスト・アルバム『ナッズ・サード』(70年)までの3作品。いずれもボーナス・トラックが7〜11曲と大量に収録されており、音源の史料価値も充分。プリティ・シングスはフィル・メイを中心に再結成し、72年に発表した『フリーウェイ・マッドネス』から、新旧メンバーが揃っての80年の復活ライヴ盤『クロス・トーク』までの4作。こちらも各作品ともにボーナス・トラックが収録されることになっています。

 発売は全作品4月26日の予定。紙ジャケ・マニアの皆さんは、ゴールデン・ウィーク前に出費せざるを得ないようで……。

■ナッズ&プリティ・シングス紙ジャケット
※全作品\2,940(税込)/初紙ジャケット化/日本独自最新リマスター盤

<ナッズ>
『ナッズ』(68年/POCE-1001) ※未発表音源11曲追加
『ナッズ・セカンド』(69年/POCE-1002) ※未発表音源7曲追加
『ナッズ・サード』(70年/POCE-1003) ※未発表音源11曲追加

<プリティ・シングス>
※英国オリジナル盤を可能な限り再現
『フリーウェイ・マッドネス』(72年/POCE-1004) ※73年のライヴ音源4曲追加、ジャケット・デザインはヒプノシス
『シルク・トーピード』(74年/POCE-1005) ※74年のライヴ音源2曲追加、ジャケット・デザインはヒプノシス
『サヴェージ・アイ』(76年/POCE-1006) ※ボーナス・トラック3曲追加、ジャケット・デザインはヒプノシス
『クロス・トーク』(80年/POCE-1007) ※ボーナス・トラック3曲追加
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015