ニュース

アンダーワールドが音楽担当!映画『Breaking and Entering』サントラ発売

2006/08/30掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 全米で12月8日に公開されるアンソニー・ミンゲラの最新監督作品『Breaking and Entering(邦題未定)』の音楽をアンダーワールドガブリエル・ヤレドが担当! 公開に先駆けてオリジナル・サウンドトラック(写真)を10月に発売する予定です。

 同映画は『イングリッシュ・ペイシェント』『コールドマウンテン』などで知られるアンソニー・ミンゲラ監督が、ジュード・ロウジュリエット・ビノシュロビン・ライトら豪華キャストを迎えて描いた、現代のロンドンを舞台に繰り広げられる人間ドラマ。

 そんな同映画の音楽担当として、『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー作曲賞を受賞した作曲家のガブリエル・ヤレドとともに、“共同制作”という形でアンダーワールドが参加。サントラは両アーティストの連名で発売されます。

 サントラには両アーティスト共作による全16曲が収録され、日本盤のみ12インチ版で先日発売された「JAL to Tokyo」がボーナス・トラックとして追加収録される予定です。発売は日本盤(V2CP-310 \2,520(税込))が10月18日に、UK盤が10月30日にそれぞれ予定。なお同映画の日本公開は来年のゴールデンウイークとされています。


●Underworld & Gabriel Yared『Breaking & Entering [Soundtrack] 』
01. ア・シング・ハプンズ
02. セント・パンクラス
03. サッド・アミラ
04. モンキー・ワン
05. ノット・トーキング
06. ハンガーフォード・ブリッジ
07. ウィ・ラヴ・ビー
08. ハッピー・トースト
09. モンキー・トゥー
10. ウィル・アンド・アミラ
11. プリムローズ・ヒル
12. ソーリー
13. メンディング・シングス
14. ブロークン・エンタード
15. ピアノ・モーダル
16. カウンターポイント・ハング・パルス
17. ジャル・トゥ・トウキョウ (リヴァーラン・ヴァージョン)

*(17)は日本盤のみのボーナス・トラック
*曲目は予定です。変更の可能性はあります。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015