ニュース

アンダーワールドが音楽担当!映画『Breaking and Entering』サントラ発売

2006/08/30掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 全米で12月8日に公開されるアンソニー・ミンゲラの最新監督作品『Breaking and Entering(邦題未定)』の音楽をアンダーワールドガブリエル・ヤレドが担当! 公開に先駆けてオリジナル・サウンドトラック(写真)を10月に発売する予定です。

 同映画は『イングリッシュ・ペイシェント』『コールドマウンテン』などで知られるアンソニー・ミンゲラ監督が、ジュード・ロウジュリエット・ビノシュロビン・ライトら豪華キャストを迎えて描いた、現代のロンドンを舞台に繰り広げられる人間ドラマ。

 そんな同映画の音楽担当として、『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー作曲賞を受賞した作曲家のガブリエル・ヤレドとともに、“共同制作”という形でアンダーワールドが参加。サントラは両アーティストの連名で発売されます。

 サントラには両アーティスト共作による全16曲が収録され、日本盤のみ12インチ版で先日発売された「JAL to Tokyo」がボーナス・トラックとして追加収録される予定です。発売は日本盤(V2CP-310 \2,520(税込))が10月18日に、UK盤が10月30日にそれぞれ予定。なお同映画の日本公開は来年のゴールデンウイークとされています。


●Underworld & Gabriel Yared『Breaking & Entering [Soundtrack] 』
01. ア・シング・ハプンズ
02. セント・パンクラス
03. サッド・アミラ
04. モンキー・ワン
05. ノット・トーキング
06. ハンガーフォード・ブリッジ
07. ウィ・ラヴ・ビー
08. ハッピー・トースト
09. モンキー・トゥー
10. ウィル・アンド・アミラ
11. プリムローズ・ヒル
12. ソーリー
13. メンディング・シングス
14. ブロークン・エンタード
15. ピアノ・モーダル
16. カウンターポイント・ハング・パルス
17. ジャル・トゥ・トウキョウ (リヴァーラン・ヴァージョン)

*(17)は日本盤のみのボーナス・トラック
*曲目は予定です。変更の可能性はあります。
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015