ニュース

元K.クリムゾン〜B.カンパニーのボズ・バレルが死去

2006/09/25掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ブリティッシュ・ロック・シーンで活躍したベーシスト/シンガーのボズ・バレルが、9月21日にスペインの自宅で死去していたことが判明しました。享年60歳。その日、ボズはスコットランドのブルース・シンガー、タム・ホワイトらとともにとあるパーティで演奏することになっており、その準備をしていたところ、ギターを持って椅子に座った途端に倒れたとのこと。死因は心臓発作か心筋梗塞ではないか、とされています。

 ボズは60年代初頭からミュージシャンとして活躍し、自らがフロントを務めるバンドも率いていましたが、彼の名前が広く知れ渡るようになったのは71年にキング・クリムゾンへ加入してから。『アイランズ』(写真・71年)とライヴ盤『アースバウンド』(72年)の2作でプレイしています。が、もともとブルースやR&Bをルーツにしており、クリムゾンからはすぐに脱退。その後、ポール・ロジャースサイモン・カーク、ミック・ラルフスとともにバッド・カンパニーを結成し、米国でも成功を収めました。

 ボズの死を受けて、キング・クリムゾンのレーベルであるDGMは追悼ページを開設。未発表リミックスによる「レディーズ・オブ・ザ・ロード」のダウンロードを開始しました。また、かつての盟友であるメル・コリンズは追悼の言葉を寄稿しています。ボズのご冥福を心よりお祈りいたします。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015