ニュース

元K.クリムゾン〜B.カンパニーのボズ・バレルが死去

2006/09/25掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ブリティッシュ・ロック・シーンで活躍したベーシスト/シンガーのボズ・バレルが、9月21日にスペインの自宅で死去していたことが判明しました。享年60歳。その日、ボズはスコットランドのブルース・シンガー、タム・ホワイトらとともにとあるパーティで演奏することになっており、その準備をしていたところ、ギターを持って椅子に座った途端に倒れたとのこと。死因は心臓発作か心筋梗塞ではないか、とされています。

 ボズは60年代初頭からミュージシャンとして活躍し、自らがフロントを務めるバンドも率いていましたが、彼の名前が広く知れ渡るようになったのは71年にキング・クリムゾンへ加入してから。『アイランズ』(写真・71年)とライヴ盤『アースバウンド』(72年)の2作でプレイしています。が、もともとブルースやR&Bをルーツにしており、クリムゾンからはすぐに脱退。その後、ポール・ロジャースサイモン・カーク、ミック・ラルフスとともにバッド・カンパニーを結成し、米国でも成功を収めました。

 ボズの死を受けて、キング・クリムゾンのレーベルであるDGMは追悼ページを開設。未発表リミックスによる「レディーズ・オブ・ザ・ロード」のダウンロードを開始しました。また、かつての盟友であるメル・コリンズは追悼の言葉を寄稿しています。ボズのご冥福を心よりお祈りいたします。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015