ニュース

E.モリコーネのトリビュート盤が登場、メタリカ、“ボス”、R.ウォーターズなど

2007/01/29掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
E.モリコーネのトリビュート盤が登場、メタリカ、“ボス”、R.ウォーターズなど
 『荒野の用心棒』(1964年)や『夕陽のガンマン』(65年)など、マカロニ・ウェスタンを中心に数々の映画音楽を手掛けてきた巨匠、エンニオ・モリコーネのトリビュート・アルバムがリリースに。『We All Love Ennio Morricone』(写真)というタイトルのこの作品、米国では2月20日、その他海外でも2月27日に発売予定となっています。

 注目されるのがその豪華な参加アーティスト。セリーヌ・ディオンクインシー・ジョーンズ、“ボス”ことブルース・スプリングスティーンロジャー・ウォーターズヨーヨー・マ葉加瀬太郎らに加え、メタリカまでが登場。その多くが、この作品のためだけにモリコーネ・ナンバーを新たにレコーディングしたとのことです。また、モリコーネ自身も「ガブリエルのオーボエ」「トロピカル変奏曲」「ニュー・シネマ・パラダイス」を新たに構築したヴァージョンを提供しています。なお、メタリカがカヴァーしたヴァージョンの「Ecstasy of Gold」は、現在彼らの公式HPで試聴が可能。ライヴのオープニング・テーマとしてメタリカ・ファンにはお馴染みのこの曲が、どのように料理されているのか、興味のある方はチェックを。

 クラシックはもちろん、ジャズからロック/ポップス、ヘヴィ・メタルまで、さまざまなラインアップが顔を揃えた今作。モリコーネのファンのみならず注目です。ちなみに、現在のところ日本盤の情報は判明していません。
続報
【当日続報】E.モリコーネのトリビュート盤、日本盤発売も決定
お伝えしたエンニオ・モリコーネのトリビュート盤ですが、日本盤(SICP-1379 税込\2,520)の情報も判明しました。発売は、3月21日の予定です。
[ 2007/01/29掲載 ]


●『We All Love Ennio Morricone』収録曲
01. I Knew I Loved You (セリーヌ・ディオン)
02. The Good, The Bad and The Ugly (クインシー・ジョーンズ feat. ハービー・ハンコック)
03. Once Upon a Time in the West (ブルース・スプリングスティーン)
04. Conradiana (アンドレア・ボッチェリ)
05. The Ecstasy of Gold (メタリカ)
06. Malena (ヨーヨー・マ)
07. Come Sail Away (ルネ・フレミング)
08. Gabriel's Oboe (エンニオ・モリコーネ)
09. Conmigo (ダニエラ・メルクリ feat. エウミール・デオダート )
10. La Luz Prodigiosa (ドゥルス・ポンテス)
11. Love Affair (クリス・ボッティ)
12. Je Changerais d'Avis (ヴァネッサ&ジ・オーズ)
13. Lost Boys Calling (ロジャー・ウォーターズ)
14. The Tropical Variation(エンニオ・モリコーネ)
15. Could Heaven (デニス・グレイヴス)
16. Addio Monti (葉加瀬太郎)
17. Cinema Paradiso(エンニオ・モリコーネ)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015