ニュース

カーネーション、話題の映画『ROCK LOVE』爆音公開決定!OST、直枝政広による著書も登場!

2007/10/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 結成から24年。直枝政広率いるロック・バンド、カーネーションが映画『ROCK LOVE』を製作。挑戦し続けるバンドとして知られる彼らの新たなるチャレンジ、豪華11人編成のライヴ・プロジェクトとして行なわれた2006年12月9日のShibuya-AX公演のライヴ音源がその映画のサウンドトラック(写真/COCP-34498 \2,940(税込))となり、10月3日に発売されます。また、ファンの間で長い間待たれていた同映画『ROCK LOVE』の公開も決定! 東京スカパラダイスオーケストラのロード・ムービー『SMILE』の監督・牧野耕一による、カーネーションの魂と音楽に迫ったドキュメンタリー・ムービーが、11月24日(土)より吉祥寺バウスシアターにてレイトショー公開されます。

 さらに直枝政広が、ロックを中心とした名盤、貴重盤100枚+αについてとことん語り尽くし、書き尽くしたというディスク・ガイド本 『宇宙の柳、たましいの下着 』も11月26日に発売決定。それを記念して12月1日に吉祥寺バウスシアターにて爆音オールナイト上映イベントも開催されます。ディスク・ガイドには直枝政広の未発表音源が収録されたCDが付属するとのこと。


■カーネーション/Sounds Of Rock Love
COCP-34498 \2,940(税込)
※10月3日発売
01.MAGIC
02.スペードのエース
03.気楽にやろうぜ
04.Standing All Alone
05.Lovers&Sisters
06.My Little World
07.獣たち
08.アイ・アム・サル
09.地球はまわる
10.未確認の愛情
11.夜の煙突
12.PARADISE EXPRESS
13.Lady Lemonade
14.夏の夜の夢

■映画『ROCK LOVE』
11月24日(土)より吉祥寺バウスシアターにてレイトショー!
ゆれながら走り続ける男たちの 心の景色を描いたロードムーヴィー。
スカパラの映画『SMILE〜人が人を愛する旅』で高い評価を得た牧野耕一監督が結成24年のロック・バンド、カーネーションの魂と音楽に迫ったドキュメンタリー。
イメージが繰り返しながらぐるぐるとまわる、新感覚“循環型ロード・ムーヴィー”!
青で描く心象風景と、赤で描く圧倒的臨場感のライヴ!
あふれ出す色の洪水!
美しい映像で、バンドという生き方の根源に迫った、感動の人間ドキュメンタリー。

出演:直枝政広、大田譲、矢部浩志、他
音楽:カーネーション
監督:牧野耕一
製作:コロムビアミュージックエンタテインメント
制作:AMENICAM
制作協力:HURRICANE

■『宇宙の柳、たましいの下着』発売記念爆音ナイト

直枝政広『宇宙の柳、たましいの下着』発売記念
爆音 直枝ナイト決定!

12月1日(土)22時スタート(予定)
・直枝政広ミニ・ライヴ
・『カーネーション/ROCK LOVE』
・その他、直枝政広セレクションによる爆音映画2本

会場:吉祥寺バウスシアター
料金:3500円(当日料金のみ)
※当日19時より、劇場窓口にて整理券を発行します
問い合わせ:吉祥寺バウスシアター(0422-22-3555)
詳細:www.baustheater.com/

■直枝政広『宇宙の柳、たましいの下着』
直枝政広(カーネーション)による勘違いだらけの音楽史
世界のすべてが湧き出る究極のディスクガイド本
レコードジャンキーである直枝政広が自身でセレクトしたロックを中心とした名盤、貴重盤100枚+αについてとことん語り尽くし書き尽くす。カーネーションの音楽にとどまらず、現在において聴かれるべきロック、音楽を聴くことの楽しみをより深く知るための必読書。

■特典 直枝政広の未発表音源を収録CD付
2,800円(予価)
ISBN:978-4-9903348-3-3
B5変形(235×172)並製
[製作・編集:boid /編集協力・発売:map /協力:ハリケーン]
お問い合わせ:boid(http://www.boid-s.com/) 
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015