ニュース

ノイ!のクラウス・ディンガーが死去

2008/04/03 15:05掲載
はてなブックマークに追加
 元クラフトワークノイ!ラ・デュッセルドルフ〜ラ!ノイ?のドラマー、クラウス・ディンガー(Klaus Dinger)が3月21日、心不全のため亡くなっていたことが明らかになりました。享年61。3月24日が誕生日のクラウスは62歳の誕生日を迎えることなくこの世を去りました。

 クラウス・ディンガーは1970年、クラフトワークの1stアルバム『Kraftwerk』でドラムを叩いた後、後に30年近くも付き合うこととなる盟友ミヒャエル・ローター(Michael Rother)と共にノイ!を結成。1972年の1stアルバム『ノイ!』でプロデューサーの故コニー・プランク(Conny Plank)と共に作りあげた独特のドラム・サウンドはかのブライアン・イーノも“70年代3大ビート”に数えるほど、ジャンルを問わず世界的影響を及ぼします。その後もポップ度の増したラ・デュッセルドルフでヒットを飛ばし、ラ!ノイ?としても近年まで活動していました。

 歴史を変えた偉大なミュージシャン、クラウス・ディンガー。残念としか言いようのない訃報です。ご冥福をお祈り致します。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015