ニュース

“MIKIKO先生”&Tomomi Yoshimura率いる「ELEVENPLAY」、第1回目の公演を開催

2011/10/26掲載(Last Update:15/09/16 13:23)
はてなブックマークに追加
“MIKIKO先生”&Tomomi Yoshimura率いる「ELEVENPLAY」、第1回目の公演を開催
 Perfumeのコレオグラフを手がけたことでお茶の間での知名度が格段に向上、“4人目のPerfume, MIKIKO先生”としてPerfumeファンに留まらない人気を獲得しているMIKIKOと、米国仕込みのスキルで数々のステージに力を注いできたTomomi Yoshimura。2人のダンサー / コレオグラファーが率いるダンス・カンパニー「ELEVENPLAY」(イレブンプレイ)が、本年1月のレセプション公演に続き本格始動!第1回目の公演となるダンス・インスタレーション〈dot.〉を11月11日(金) 、12日(土)の2日間、東京・ラフォーレミュージアム原宿にて開催します。

 「ELEVENPLAY」のメンバーは、様々なフィールドから2人のもとに集まった個性溢れる14人の女の子たち。“心.技.体 + センスの磨かれた素敵なDancerが生まれます様に”というMIKIKO&Tomomi Yoshimuraの想いが込められたダンス・カンパニーです。

 公演には、現代日本最前線の鬼 / 奇才クリエーター陣が集結!照明デザインにdumb type(ダムタイプ)の藤本隆行、テクニカルサポートにテック異能集団「rhizomatiks」(ライゾマティクス)、「4nchor5 La6」(アンカーズラボ)でおなじみ真鍋大度、石橋 素、比嘉 了。映像は関 和亮、音楽はKSKと、Perfume縁の面々も参戦!あらゆる感覚器に訴えるステージングとなるであろうことは必至!


ELEVENPLAY「dot.」

「.」ドットを覗き込むと見えないものが見えてくる。
目に見えないもの=人間の内面であり、
目に見えないもの=大切なものである。
観客は目に見えない『それ』を
覗き見している様な感覚を体験することになる。


演出 / 構成 / 振付: MIKIKO & Tomomi Yoshimura
照明デザイン: 藤本隆行(dumb type)
テクニカルサポート: 真鍋大度 / 石橋 素 / 比嘉 了(rhizomatiks)
映像: 関 和亮 (ooo)
音楽: KSK
衣装: Yae-pon / yoo-ki
企画・製作: (株)アミューズ

2011年11月11日(金) / 12日(土)東京 ラフォーレミュージアム原宿
(東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階)

[11月11日]
1st: 開場 18:30 / 開演 19:00

[11月12日]
1st 開場 13:30 / 開演 14:00
2st 開場 18:00 / 開演 19:00

[チケット]
4,200円(全席指定 / 税込)
ぴあ(P: 619-979) / ローソン(L: 34643) / e+
※未就学児入場不可

※お問い合わせ: アミューズチアリングハウス(平日15:00〜18:30)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015