ニュース

ダフト・パンクと松本零士氏のコラボ作品が、ついに“カンヌ出品”に!! 

2003/05/09掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 彼らの「ワン・モア・タイム」以降、世界各地でヴォコーダーを多様した曲が増えたように、音楽の部分だけを取っても、その影響が大きかったと言える、ダフト・パンクの傑作アルバム『ディスカバリー』(写真)。でも、同作絡みで一番思い出すことと言えば、ジャケットのアートワークもビデオ・クリップも手掛けてしまった、松本零士氏の存在。とくに『ディスカバリー』の日本盤のアートワークが、ビデオ・クリップのストーリー展開に基づいた新たなヴィジュアルへと変更されてしまったように、ダフト・パンクのサウンドをイイ意味で無視した松本零士氏によるビデオ・クリップは、音楽ファンだけでなく、世のアニメ好きにも評判になったものでしたが、なんと、そのビデオ・クリップが、このたび、今月開催予定の“カンヌ国際映画祭”にて公開されることになったそうなのです。しかも、すでに公開された「ワン・モア・タイム」「エアロダイナミック」「デジタル・ラブ」「仕事は終わらない」の4曲だけではなく、『ディスカバリー』収録曲14曲のすべてをカヴァーする長編作品となったものが公開されるのです(オォ!)。

 遥か昔にお伝えしたように、元々、ひとつの作品としてまとまった形でリリースされる予定とされていたので、水面下では制作が続けられていたとは思っていましたが、まさか“カンヌ出品”になるとは驚き。日本制作のアニメがカンヌに出品されるのは初めてのことらしいですが、いちアーティストのビデオ・クリップが出品されるというのも、今回が初めてなのでは? 最後に公開された「仕事は終わらない」のビデオ・クリップが、続きがメチャメチャ気になるエンディングだっただけに、ぜひとも、以前報じられたようにパッケージ化も望みたいところです。
続報
ダフト・パンクと松本零士氏のコラボ作品、DVD化も
1:このビデオ・クリップは、『Interstella 5555』(The 5tory of the 5ecret 5tar 5ystem)と言う名前のアニメーション映画としてカンヌ国際映画祭にて公開されるそうです。

2:東芝EMIのネット・イベント“MUSIC TALKS”2003年春編によると、今秋にダフト・パンクのDVDが発売される予定あり。ひょっとして・・・。
[ 2003/05/12掲載 ]
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015