ニュース

ネプチューンズのユニット“N.E.R.D.”、ついに新作リリース!!

2003/08/25掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ブリトニー・スピアーズ、リンプ・ビズキット、ケリスなど、様々なジャンルのアーティストを手掛け、ヒットを飛ばしてきた超売れっ子プロデューサー・チーム“ネプチューンズ”。その彼らがミュージシャンとして、旧友“シェルドン・ヘイリー”と共に結成したユニットと言えば、その名のごとく、オタク心くすぐる自由さ漂うユニットであった“N.E.R.D.”のこと。N.E.R.D.と言って思い出すことと言えば、2001年に一旦リリースしたデビュー・アルバム『イン・サーチ・オブ・・・』を完成から一ヶ月後に全曲取り直して、翌年に新ヴァージョンをリリースし直してしまうという、前代未聞な行動に出たこと。アルバム・タイトルや収録曲は変わらないものの、打ち込み主体であった2001年盤(写真)とは違って、前編に渡ってミネアポリスの白人バンド“スパイ・モブ”をフィーチャーしたバンド・サウンドへと変貌を遂げた2002年盤は、R&B/Hip Hopファンはもとより、世のロック・ファンを巻き込んでしまうほどのロックな作品となっており、その影響で、多くのロック・ファンが本体のネプチューンズにはまってしまったのは言わずも知れたこと。そんな、ネプチューンズ以上にジャンルを超えた存在となったN.E.R.D.が、ついに待ちに待ったニュー・アルバムを今秋にリリースすることになったのです。

 まだ詳しい内容は不明でありますが、その名を『Fly or Die』という今作は、現在までのところ、10月22日に日本先行にてリリースされる予定(USは11月18日)。日本盤(VJCP-68578\2,548(税込))にはボーナス・トラックが追加収録される予定とのことですが、ただCCCDでのリリースとなってしまうそうなので、ファンはご注意のほどを。今年を飾る1枚となりうる可能性がかなり高い作品ですので、皆さんも要注目のほどを! 楽しみ!
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015