ニュース

YEN TOWN BANDが初のライブ!“あいのうた”情報。

2003/09/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 1999年から毎年、東京は渋谷の街を舞台に続けられている音楽コンベンション「in the city」でありますが、今年のテーマは「J-STANDARD。(ジャパニーズ・スタンダード)」との事で、決して古びる事の無い様々なアーティストが登場します。中でも注目を集めそうなのがSHIBUYA-AXで4日間に渡って開催されるスペシャルライブ。例えば、佐野元春プロデュースによる“SSW-そして僕は歌を書いた”と題されたイベントではYO-KING等のシンガーソングライターが登場しコラボレーションを展開するなど、その日によってコンセプトの違ったライブが展開されるわけでございますが、特に目を惹くのは小林武史プロデュースによる10月4日最終日の“あいのうた”です。ここでは何と、CHARAをヴォーカルにフューチャーした、あのYEN TOWN BANDが初のライブを行うのです!

 YEN TOWN BANDと言えば、御存知、岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』の劇中のために結成されたユニット。名曲と名高い『Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜』の大ヒットを生み、またアルバム『MONTAGE』は小林武史特有の生々しい演奏と陰湿でゴツゴツとしながらも、温もりのある録音で「J-STANDARD。(ジャパニーズ・スタンダード)」と呼ぶに相応しい、90年代を代表する名盤に数えられていますね。

 CHARAのライブでは『Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜』が歌われていますが、オリジナルのYEN TOWN BANDとして演奏されるのはこれが初めて! ライブでこそ聴きたい楽曲ばかりなだけに楽しみですね!

 そしてこの“あいのうた”に登場するのはYEN TOWN BANDの他に、当然の事ながら、小林武史氏のメインフィールドであるMY LITTLE LOVER、そして、岩井俊二監督映画『リリイ・シュシュのすべて』から誕生した才人、salyuの3組となってます。まさに小林武史全開! 氏の活動の集大成とも呼べそうですね。
CHARA、AKKO、salyuの3人の個性派美女による饗宴も楽しみ! 貴方は誰が好みですか??
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015