ニュース

YEN TOWN BANDが初のライブ!“あいのうた”情報。

2003/09/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 1999年から毎年、東京は渋谷の街を舞台に続けられている音楽コンベンション「in the city」でありますが、今年のテーマは「J-STANDARD。(ジャパニーズ・スタンダード)」との事で、決して古びる事の無い様々なアーティストが登場します。中でも注目を集めそうなのがSHIBUYA-AXで4日間に渡って開催されるスペシャルライブ。例えば、佐野元春プロデュースによる“SSW-そして僕は歌を書いた”と題されたイベントではYO-KING等のシンガーソングライターが登場しコラボレーションを展開するなど、その日によってコンセプトの違ったライブが展開されるわけでございますが、特に目を惹くのは小林武史プロデュースによる10月4日最終日の“あいのうた”です。ここでは何と、CHARAをヴォーカルにフューチャーした、あのYEN TOWN BANDが初のライブを行うのです!

 YEN TOWN BANDと言えば、御存知、岩井俊二監督の映画『スワロウテイル』の劇中のために結成されたユニット。名曲と名高い『Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜』の大ヒットを生み、またアルバム『MONTAGE』は小林武史特有の生々しい演奏と陰湿でゴツゴツとしながらも、温もりのある録音で「J-STANDARD。(ジャパニーズ・スタンダード)」と呼ぶに相応しい、90年代を代表する名盤に数えられていますね。

 CHARAのライブでは『Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜』が歌われていますが、オリジナルのYEN TOWN BANDとして演奏されるのはこれが初めて! ライブでこそ聴きたい楽曲ばかりなだけに楽しみですね!

 そしてこの“あいのうた”に登場するのはYEN TOWN BANDの他に、当然の事ながら、小林武史氏のメインフィールドであるMY LITTLE LOVER、そして、岩井俊二監督映画『リリイ・シュシュのすべて』から誕生した才人、salyuの3組となってます。まさに小林武史全開! 氏の活動の集大成とも呼べそうですね。
CHARA、AKKO、salyuの3人の個性派美女による饗宴も楽しみ! 貴方は誰が好みですか??
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015