ニュース

ビートルズ、幻のアルバム『ゲット・バック』が蘇る!

2003/09/19掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ビートルズ幻のアルバムが『レット・イット・ビー・ネイキッド(LET IT BE...NAKED)』(TOCP-67300 予定価格\3,000(税込))のタイトルで新装発売されます!! 11月17日に世界同時発売。早く聴きたい!!!

 1969年1月、解散の危機に直面したビートルズを救おうと立ち上がったポール・マッカートニーが「もう一度あの頃に戻ろう!」と他のメンバーに呼びかけて実現した“ゲット・バック・セッション”。そもそもビートルズのライヴをテレビ特番として放送するため、そのリハーサル風景をフィルムに収めるという目的で始まったものだったが、ジョージ・ハリスンが一時脱退するなど、メンバー間の溝は深まるばかりだった。しかし、新曲を収録したアルバム制作への変更を条件にジョージが復帰、丸1ヵ月かけてセッションは終了、96時間ものフィルムと28時間分のマスター・テープが生み出された。それを元にグリン・ジョンズが69年5月にまとめたのが幻のアルバム『ゲット・バック』というわけだ。

 しかしメンバーのOKが出ず、というよりも、このアルバムはほとんどなかったことにされてしまい、代わりに4人はバンドとしての有終の美を飾るべくジョージ・マーティンを呼び戻してアルバム『アビイ・ロード』の制作に入る。『アビイ・ロード』発表後も棚上げされたままになっていたアルバム『ゲット・バック』は、再びグリン・ジョンズの手に委ねられ、曲目を一部変更して70年1月に改訂版が出来上がったが、これもボツ。そして70年3月、フィル・スペクターが手を加えて完成させたのが、ビートルズ最後のオリジナル・アルバムとして名高い『レット・イット・ビー』(写真)であった。

 しかし、特に「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」での、女性コーラスやオーケストラが加えられた大仰なアレンジにポールは激怒。オリジナルのシンプルなアレンジに“ゲット・バック”せよと、ポールはどのくらい長い間思い続けてきたことだろうか・・・。しかしついにその夢が叶う日がやってきた!!

 収録曲は『ゲット・バック』とは異なり、以下の11曲となる。
(01) ゲット・バック
(02) ディグ・ア・ポニー
(03) フォー・ユー・ブルー
(04) ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
(05) トゥ・オブ・アス
(06) アイヴ・ガッタ・フィーリング
(07) ワン・アフター・909
(08) ドント・レット・ミー・ダウン
(09) アイ・ミー・マイン
(10) アクロス・ザ・ユニバース
(11) レット・イット・ビー

※ボーナス・ディスクとしてセッション・テープからの貴重な音源約20分収録! ブックレット付。ただしコピーコントロールCDです(イタッ)。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015