ニュース

ワレリー・ゲルギエフ&東京交響楽団、8月にチェスキーナ洋子 メモリアルコンサートを開催!

2015/06/05 14:09掲載
はてなブックマークに追加
ワレリー・ゲルギエフ&東京交響楽団、8月にチェスキーナ洋子 メモリアルコンサートを開催!
 今年1月ローマ市内の病院にて逝去した故・チェスキーナ洋子を偲び、彼女が長年にわたり親交を深めた世界的指揮者ワレリー・ゲルギエフと、彼女と縁の深い東京交響楽団による追悼コンサートが8月5日(水)に東京・赤坂 サントリーホールで開催されることが決定しました。

 世界のクラシック音楽・文化芸術に多大な貢献を果たしたチェスキーナ洋子。東京交響楽団ハープ奏者を経て、1960年に戦後初の公費留学生としてイタリア・ヴェネツィア音楽院に留学、資産家のレンツォ・チェスキーナ氏と結婚し、巨額の遺産を文化芸術の支援へ注ぎました。東京交響楽団は、チェスキーナ氏より2011年東日本大震災時の復興支援、2007年と2012年のゲルギエフ氏の招聘、2004年のイタリア・トルコツアーで楽団の活動を支えられました。

 メモリアルコンサートは、第1部がゆかりの人々からの追悼の言葉(ゲルギエフ 他)、第2部が追悼演奏としてチャイコフスキー: 交響曲第6番「悲愴」を予定。故人の思い出にひたり、ゲルギエフ&東京交響楽団の演奏も堪能できる内容となっています。

ゲルギエフ(左): V.Baranovsky、チェスキーナ(右): Yutaka Nakamura

ワレリー・ゲルギエフ指揮東京交響楽団
チェスキーナ洋子 メモリアルコンサート

tokyosymphony.jp/pc/concerts/detail?p_id=Xh5ujsDzjJ8%3D&p_concertCategoryId=rgLaaw53RgI%3D&month=08
2015年8月5日(水)
東京 赤坂 サントリーホール
開演 19:00

[出演]
ワレリー・ゲルギエフ指揮東京交響楽団

[内容]
第1部 ゆかりの方々からの追悼の言葉(ワレリー・ゲルギエフ 他)
第2部 ワレリー・ゲルギエフ指揮東京交響楽団による追悼演奏
チャイコフスキー: 交響曲第6番 ロ短調「悲愴」作品74

[チケット]
全席指定5,000円
一般発売: 7月10日(金)〜
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015