ニュース

宇多田ヒカルの全米デビュー作にマーズ・ヴォルタが参加!

2004/06/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 先日公開された映画『CASSHERN』の主題歌を手掛けたものの、今年は“Utada”名義で放つ全米デビュー・アルバム制作に全力を注いでいる、宇多田ヒカル。日本のトップ・アーティストが全米でどう受け止められるのか、発売前から注目を集めていますが、その注目作のアルバム・タイトル等の詳細情報が、所属レコード会社アイランド・レコ−ズから先日発表されました。

 発表によれば、アルバム・タイトルは「出発」を意味する『EXODUS』に決定したそうで、「EXODUS '04」「Wonder 'Bout」「Let Me Give You My Love」といった“チキチキ”ビートを生み出したティンバランドによるプロデュース曲が収録される予定です。その話だけ聞けば“R&B/Hip Hopアルバム”かと思いがちですが、同レーベル曰く、アルバムは“オルタナティブ、ポップ、ダンス、ファンク・グルーヴをミックスした作品”となっているとのこと。それを証明するかのようにアルバムには、アット・ザ・ドライヴ・インの元メンバーによって結成された、エモをはるかに越えたプログレッシヴ・ハードコア・バンド“マーズ・ヴォルタ”(写真は『ディラウズド・イン・ザ・コーマトリアム』)のドラマーJon Theodore参加の「Kremlin Dusk」という曲が収録される予定。日本でも作品を重ねるごとに、様々なジャンルがミックスされた作風へと変貌していった彼女だけに、海外のクセ者たちと共演した本作もかなり面白い作品となりそう。発売は今秋を予定しているそうです。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015