ニュース

シンガー・ソングライター・デュオ“ひごさつま”が“恋人の日”に合わせてMVを公開

ひごさつま   2016/06/11掲載(Last Update:16/06/12 00:14)
はてなブックマークに追加
 昨年7月にリリースのミニ・アルバム『雨、上がれば』が好評の中村千尋と、同じく昨年初のミニ・アルバム『GO!』をリリースしたわかまつごう。それぞれソロのシンガー・ソングライターとしても活躍する両者によるデュオ“ひごさつま”が、九州・山口エリア限定販売となっていたシングル「手紙を書く癖」に続き、全国デビュー作となるミニ・アルバム『ひごさつま恋愛論』(AMHG-0002 1,500円 + 税)を6月29日(水)にリリースします。発売に先駆け、“恋人の日”である6月12日の0:00よりリードトラック「すきすきマーチ」のミュージック・ビデオを公開。

 ブラジルでは、“縁結びの聖人”とされる国の守護聖人・聖アントニオの命日前日にあたる6月12日を“恋人の日”として祝い、恋人のみならず家族、友人問わずフォトフレームを贈り合う習慣があることから、日本でも1988年、全国額縁組合連合会が“恋人の日”に制定。以降全国各地で様々なイベントが開催されています。同日に公開される楽曲「すきすきマーチ」は、“好きという気持ちを一言で説明できない内面の感情”にフォーカスした、普遍的な内容です。“恋人の日”とMV公開に合わせTwitter企画“ひごさつまのあんなとこ、こんなとこ見せちゃいます!”も開催。詳しくはひごさつまオフィシャルTwitterアカウント(@higosatsuma)またはオフィシャル・サイト(higosatsuma.com)にてご確認ください。

 『ひごさつま恋愛論』はRover(ベリーグッドマン)、藤田竜史(ホタルライトヒルズバンド)、木村篤史(ARIGATO MUISIC音楽プロデューサー)からの提供楽曲も含む6曲入り。発売同日には東京・渋谷 gee-ge.での“お披露目会”ライヴ〈祭りだ!わっしょい、わっしょい!〉の開催も決定しています。

拡大表示


■2016年6月29日(水)
ひごさつま
『ひごさつま恋愛論』

AMHG-0002 1,500円 + 税

[収録曲]
01.すきすきマーチ
02.フェリー
03.手紙を書く癖
04.オレンジ
05.木綿のハンカチーフ(Cover)
06.メモリアル

ひごさつま オフィシャルTwitter企画
恋人の日PV公開記念スペシャル

@higosatsuma

ひごさつまのあんなとこ、こんなとこ見せちゃいます!

本企画のひごさつまオフィシャルTwitterのリツイート数に応じて、ひごさつまのあんなとこ、こんなとこを見せちゃいます!リツイート期間は恋人の日6月12日(日)24:00まで。


50RT わかまつごうのキメ顔写真公開
100RT 中村千尋アー写オフショット写真公開
150RT gee-geでのイベントでひごさつまとチェキ撮影権プレゼント
200RT わかまつごうセミヌード写真(anan風)公開
500RT 中村千尋究極の変顔写真公開
555RT わかまつごう個人LINEアカウント交換権(1名様限定)
615RT 中村千尋個人LINEアカウント交換権(1名様限定)
1000RT わかまつごう感謝のバンジーチャレンジ映像公開
5000RT わかまつごう感謝の坊主画像公開
10000RT わかまつごう&中村千尋個人LINEアカウント公開
5億RT ひごさつま2人の電話番号公開


ひごさつま
デビューアルバム 「ひごさつま恋愛論」お披露目会
祭りだ!わっしょい、わっしょい!


2016年6月29日(水)
東京 渋谷 gee-ge.
出演: ひごさつま(ゲストあり)
開場 18:30 / 開演 19:00  
前売 2,800円(税込 / 別途ドリンク代)
※ドリンク代が入場時に別途必要となります。
※チケットは先着順です。お早めにお買い求め下さい。
※当日のご入場は整列順となります。


※お問い合わせ: gee-ge. 03-6416-3468
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015