ニュース

サックス奏者シャバカ・ハッチングスがジャイルス・ピーターソン主宰の〈Brownswood〉からデビュー

2016/08/03 13:52掲載
はてなブックマークに追加
サックス奏者シャバカ・ハッチングスがジャイルス・ピーターソン主宰の〈Brownswood〉からデビュー
 ロンドンのジャズ・シーンで活躍し、メルト・ユアセルフ・ダウンサン・ラ・アーケストラのメンバーに名を連ねるとともに、幅広いアーティストとのコラボレーションでも注目されるサックス奏者シャバカ・ハッチングス(Shabaka Hutchings)が、ジ・アンセスターズを率いて、ジャイルス・ピーターソン主宰の〈Brownswood〉からリーダー作『ウィズダム・オブ・エルダーズ』(BRC-529 2,200円 + 税)を9月16日(金)にリリース。収録曲の中から「Joyous」がYouTube(youtu.be/EwjWrrYQFoQ)などで公開されています。

 ハッチングスは英ロンドンに生まれ、幼少期にカリブ海のバルバドスへ移住。9歳から16歳までを過ごし、そこで音楽を学びました。その後ロンドンに戻ると、自らが率いたジャズ・グループ、サンズ・オブ・ケメット(Sons of Kemet)で2013年の〈MOBOアワード・Jazz Act of the Year〉を受賞し、翌年にはサン・ラ・アーケストラに加入。他にもムラトゥ・アスタトゥケやポーラー・ベアーの作品、ジョニー・グリーンウッドが担当した映画『The Master』のサウンドトラックにもミュージシャンとして参加しています。

 今作は、ハッチングスが長年称賛してきた南アフリカのジャズ・ミュージシャンたちとたった1日で行なわれたレコーディング・セッションを記録。ジャズだけでなく、カリビアン・カリプソや中央アフリカ、また南部アフリカのングニ諸族(Nguni)の音楽など、これまで影響をうけてきたさまざまな要素が盛り込まれたサウンドが、卓越したテクニックで奏でられています。フリーからスピリチュアル、アフリカン・ジャズまでをも飲み込んだセンスは、NYのロバート・グラスパー、LAのカマシ・ワシントン、メルボルンのハイエイタス・カイヨーテに続く新世代ジャズ・シーンの核となりそうです。


「音楽界の巨匠達の音楽や人生、言葉について学んでいると、そのアーティストにとって必要不可欠なエネルギーの源を垣間見ることができる。これこそ、それぞれの人を動かしている活力の核なんだ。そしてそれが彼らの内なるパワーの源を反映するという形で、彼らの選んだジャンルの音楽的特性と結び付き、その活用に繋がっている。これは先人の遺産から僕らに伝わった、直観的な知恵なんだ」
――シャバカ・ハッチングス

■2016年9月16日(金)発売
シャバカ・アンド・ジ・アンセスターズ
『ウィズダム・オブ・エルダーズ』

(BRC-529 2,200円 + 税)

[収録曲]
01. Mzawandile
02. Joyous
03. The Observer
04. The Sea
05. The Observed(国内盤のみCD化)
06. Natty
07. OBS(国内盤のみCD化)
08. Give Thanks
09. Nguni

[参加ミュージシャン]
Shabaka Hutchings(ts)
Mthunzi Mvubu(as)
Mandla Mlangeni(tp)
Siyabonga Mthembu(vo)
Nduduzo Makhathini(p)
Ariel Zomonsky(b)
Gontse Makhene(perc)
Tumi Mogorosi(ds)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作
[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝![インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作
[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015