ニュース

英国紙が“ベスト・カヴァー・ソングTOP50”を発表

2004/11/30掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 英国日刊紙《The Daily Telegraph》の音楽評論家が“ベスト・カヴァー・ソングTOP50”を先日発表した。

 1位はジミ・ヘンドリックスによるボブ・ディラン「オール・アロング・ザ・ウォッチタワー」のカヴァーで、2位以下も、7位のザ・バーズによるボブ・ディラン「ミスター・タンブリンマン」や、8位のザ・ビートルズによるアイズレー・ブラザーズ「ツイスト・アンド・シャウト」といった具合に、こういったリスト発表での定番であるクラシックなナンバーが上位にランクイン。とはいえ、いかにも英国らしいが、意外でもある2位のペット・ショップ・ボーイズによるエルヴィス・プレスリー「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」をはじめ、4位のジェフ・バックリィによるレナード・コーエン「ハレルヤ」や、9位のシザー・シスターズによるピンク・フロイド「コンフォタブリー・ナム」など、80年代以降に発表された比較的新しい曲もTOP10にランクインしており、また11位以下には、ディーヴォによるザ・ローリング・ストーンズ「サティスファクション」や、フライング・リザーズによるザ・ビートルズ「マネー」など、カヴァー史を飾るであろう名演カヴァー曲も多数ランクインしています。カヴァー曲好きには興味深いリストとなっているかと思いますので、自分の好きな曲がランクインしているかどうか、アナタもチェックしてみてはいかがでしょうか? 発表されたTOP50は下記のとおりです。

≪ベスト・カヴァー・ソングTOP50≫
01. All Along the Watchtower - Jimi Hendrix Experience (Bob Dylan)
02. You Were Always on My Mind - Pet Shop Boys (Elvis Presley)
03. My Way - Sid Vicious (Frank Sinatra)
04. Hallelujah - Jeff Buckley (Leonard Cohen)
05. Respect - Aretha Franklin (Otis Redding)
06. Tainted Love - Soft Cell (Gloria Jones)
07. Mr Tambourine Man - The Byrds (Bob Dylan)
08. Twist and Shout - The Beatles (The Isley Brothers)
09. Comfortably Numb - Scissor Sisters (Pink Floyd)
10. Mr Bojangles - Nina Simone (Jerry Jeff Walker)
11. Will You Still Love Me Tomorrow? - Roberta Flack (The Shirelles)
12. One - Johnny Cash (U2)
13. My Favourite Things - John Coltrane (Rodgers and Hammerstein)
14. Rocket Man - Kate Bush (Elton John)
15. Wild Horses - The Flying Burrito Brothers (The Rolling Stones)
16. Billie Jean - Shinehead (Michael Jackson)
17. Mad World - Gary Jules (Tears For Fears)
18. Just Can't Get Enough - Nouvelle Vague (Depeche Mode)
19. Sweet Jane - Cowboy Junkies (Velvet Underground)
20. Police and Thieves - The Clash (Junior Murvin)
21. Only Love Can Break Your Heart - St Etienne (Neil Young)
22. (I Can't Get No) Satisfaction - Devo (The Rolling Stones)
23. Caravan of Love - The Housemartins (Isley Jasper Isley)
24. Why Can't We Live Together - Sade (Timmy Thomas)
25. Wonderwall - Ryan Adams (Oasis)
26. I Just Don't Know What To Do With Myself - The White Stripes (Dusty Springfield)
27. Summertime Blues - The Who (Eddie Cochran)
28. Jealous Guy - Roxy Music (John Lennon)
29. Black Steel - Tricky (Public Enemy)
30. I'm A Believer - Robert Wyatt (The Monkees)
31. Sorry Seems to be the Hardest Word - Mary J Blige (Elton John)
32. Chimes of Freedom - Youssou N'dour (Bob Dylan)
33. Money (That's What I Want) - The Flying Lizards (The Beatles)
34. Fell In Love With A Boy - Joss Stone (The White Stripes)
35. Gloria - Patti Smith (Them)
36. Dear Prudence - Siouxsie & The Banshees (The Beatles)
37. Heartbreak Hotel - John Cale (Elvis Presley)
38. Wichita Lineman - Dennis Brown (Glen Campbell)
39. Ms Jackson - The Vines (Outkast)
40. I Fought the Law - The Clash (The Crickets)
41. Hazy Shade of Winter - The Bangles (Simon & Garfunkel)
42. It's Hard To Be A Saint In The City - David Bowie (Bruce Springsteen)
43. Jolene - One Dove (Dolly Parton)
44. Oops I Did it Again - Richard Thompson (Britney Spears)
45. Rock el Casbah - Rachid Taha (The Clash)
46. The Robots - Senor Coconut & His Orchestra (Kraftwerk)
47. Make Me Smile (Come Up and See Me) - The Wedding Present (Steve Harley and Cockney Rebel)
48. Step On - Happy Mondays (John Kongos)
49. Going Back to My Roots - Richie Havens (Lamont Dozier)
50. Don't Leave Me This Way - The Communards (Harold Melvin & The Blue Notes)

*()内はオリジナル・アーティスト
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015