ニュース

マルティン・フレストらクラシック界気鋭の個性派4名による『メシアン: 世の終わりのための四重奏曲』発売

マルティン・フレスト   2018/05/23 14:59掲載
はてなブックマークに追加
 クラリネット奏者のマルティン・フレスト(Martin Fröst)、ピアニストのリュカ・ドゥバルグ(Lucas Debargue)、ヴァイオリニストのジャニーヌ・ヤンセン(Janine Jansen)、そしてチェリストのトーレイヴ・テデーン(Torleif Thedéen)という現代クラシック界きっての個性派4名が、『メシアン: 世の終わりのための四重奏曲』(SICC-30482 2,600円 + 税)を5月23日(水)にリリース。

 この曲は、20世紀フランスの作曲家メシアンが、第2次大戦中ドイツ軍の捕虜となり、捕らわれた収容所内で1940年に書きあげた作品。その経緯から特殊な編成で書かれており、初演は1941年1月15日、収容所内で行なわれました。

 17年前に出会ったフレストとヤンセンは、この曲で初めて共演。さらにその時、チェロは本作と同じくテデーンが務めていました。その3人にドゥバルグを加えたこの4人による顔ぶれでは、2017年8月4日にスイス(ヴェルビエ音楽祭)、12月4日にカナダ・ケベック、5日に同トロント、7日に米カーネギー・ホールで演奏しています。

■2018年5月23日(水)発売
メシアン: 世の終わりのための四重奏曲
SICC-30482 2,600円 + 税

[収録曲]
メシアン:
01. 世の終わりのための四重奏曲

[演奏]
マルティン・フレスト(cl) / リュカ・ドゥバルグ(p) / ジャニーヌ・ヤンセン(vn) / トーレイヴ・テデーン(vc)

[録音]
2017年8月28〜30日 ベルリン Siemensvilla
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015