ニュース

〈ラテンビート映画祭〉11月開催 「I Hate New York」「アワ・マン・イン・トーキョー」など上映

2018/10/16 13:13掲載
はてなブックマークに追加
〈ラテンビート映画祭〉11月開催 「I Hate New York」「アワ・マン・イン・トーキョー」など上映
 スペイン&ラテン・アメリカの映画作品を集めた上映イベント、第15回〈ラテンビート映画祭(LATIN BEAT FILM FESTIVAL 2018)〉の開催が決定。東京・新宿 バルト9にて11月1日(木)から4日(日)と11月9日(金)から11日(日)の2期に亘って開催以降、大阪・梅田 ブルク7にて11月17日(土)から18日(日)まで、神奈川・横浜 ブルク13にて11月23日(金・祝)から25日(日)まで開催。全3ヶ所にて行われます。

 上映作品は、スペイン出身の新鋭グスタボ・サンチェス監督が米ニューヨークで生きるLGBTQの人々を10年間取材したドキュメンタリー「I Hate New York」(2018年)、オダギリジョーが主演を務めた日本とキューバの合作『エルネスト』(2017年)、チカーノ系音楽を中心に紹介しているレーベル兼ディストリビューターMUSIC CAMP, Inc. / BARRIO GOLD RECORDSを主宰する宮田 信の活動を追った短編ドキュメンタリー「アワ・マン・イン・トーキョー 〜ザ・バラッド・オブ・シン・ミヤタ」(2018年)など。また今回は“ブラジル”をフィーチャーし、「ベンジーニョ」(2018年)といった市井の人々の“今”にスポットを当てた作品をセレクトし上映することも決定。来日ゲストによる舞台挨拶やティーチインも予定されています。



第15回ラテンビート映画祭
LATIN BEAT FILM FESTIVAL 2018


11月1日(木)〜4日(日)
11月9日(金)〜11日(日)

東京 新宿 バルト9

11月17日(土)〜18日(日)
大阪 梅田 ブルク7

11月23日(金・祝)〜25日(日)
神奈川 横浜 ブルク13

[上映作品]
「I Hate New York」

[STORY]
鏡に囲まれた部屋で暮らす妖艶なドラァグクイーン、男装の前衛アーティスト、生き辛いキューバを脱出しニューヨークにやって来たトランスジェンダー、HIVと闘う元パンクバンドのボーカリスト……。ニューヨークのアンダーグラウンド・シーンで生きるLGBTQの人々を2007年から2017年までの10年間取材し、舞台上で見せる華やかな世界とは違う裏の素顔、彼らが経験した差別や病気への恐怖、苦悩に迫ったドキュメンタリー。スペイン出身のグスタボ・サンチェス監督のデビュー作で『ジュラシック・ワールド / 炎の王国』のJ.A.バヨナ監督が製作総指揮を務めている。


監督: グスタボ・サンチェス
出演: アマンダ・ルポール / クロエ・ズビロ / ソフィア・ラマール / T・デ・ロング

※「アワ・マン・イン・トーキョー 〜ザ・バラッド・オブ・シン・ミヤタ」と同時上映
www.lbff.jp
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015