ニュース

東京力車が浅草ワンマン・ライヴで熱演 メジャー・リリース決定の発表にファン熱狂

東京力車   2019/03/19 11:56掲載
はてなブックマークに追加
東京力車が浅草ワンマン・ライヴで熱演 メジャー・リリース決定の発表にファン熱狂
 東京・浅草で人力車を引く現役“俥夫(シャフ)”エンターテイメント・パフォーマンス・ユニット東京力車が、3月15日(金)東京・浅草 花やしき内多目的ホール・花やしき座にてワンマン・ライヴを開催。同イベントで、2020枚限定発売のCD付ポスターを3月31日までに完売させるチャレンジ企画“Go to 2020”の成功とメジャー・リリース決定が発表されました。

 東京力車は、2020年の東京オリンピックに向けて東京の下町風情や伝統文化を人力車やアクロバット・パフォーマンス、歌などを通じて伝えている“男前”な5人組。浅草でのストリート・ライヴをはじめ、フランス、英ロンドン、タイ・バンコクなど海外での大型イベントにも出演し、国内外で注目を浴びています。本拠地の浅草では、花やしきで6ヶ月連続定期公演を開催し、人力車の“俥夫”姿とストリート・ライヴで培った力強いパフォーマンスでファンの心を掴んでいます。

 今回のワンマン・ライヴでは、ミュージック・ビデオが海外でも話題となった「男道」や「俥気」「RUN」など全11曲を披露。ダイナミックなアクロバットとメンバーの石橋拓也や白上一成の伸びやかな歌声で観客を魅了しました。また、アンコールでは突如スクリーンで“Go to 2020”企画のCD付ポスター2020枚完売の報告と待望のメジャー・シングルのリリース決定が発表され、会場は歓喜の声と拍手で包まれました。

 東京力車のリーダー石橋は、「僕達は応援してくれる方々、そして、初めて出会った皆様をすべて“仲間”と呼んでいます。仲間のみんなとこれからも笑顔あふれる場所を作り続けていきます。 メジャー・デビューに向けてさらに頑張りたいと思っています」と力強く未来への抱負を語りました。

拡大表示拡大表示拡大表示拡大表示


東京力車ワンマンライヴ〜未来への道・完結〜
2019年3月15日(金)
東京 浅草花やしき内多目的ホール 花やしき座

[セットリスト]
01. 俥気
02. 我ありて我思う
03. RISING
04. ソーラン節
05. 男道
06. 生きてわかることがある
07. 雨のち晴れ
08. 祭り太鼓〜男の旅路〜
09. 唯我独尊SOUL
10. RUN!
EN1. ARIGATOU
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015