ニュース

チリ出身のサックス奏者メリッサ・アルダナが新作『ヴィジョンズ』をリリース

メリッサ・アルダナ   2019/04/16 13:35掲載
はてなブックマークに追加
 チリ出身のサックス奏者メリッサ・アルダナ(Melissa Aldana)が、初のクァルテット編成によるニュー・アルバム『ヴィジョンズ』(AGIPi-3640 2,400円 + 税)を5月17日(金)にリリース。発売に先駆けて、リード・トラック「ヴィジョンズ」がYouTubeで公開されています。

 アルダナは2013年、新人ジャズ・アーティストの登竜門〈セロニアス・モンク・国際ジャズ・コンペティション〉で南米出身の女性ミュージシャンとして初となる最優秀賞を受賞。翌年には名門コンコードから『メリッサ・アルダナ&クラッシュ・トリオ』を発表し、一躍注目の存在となりました。

 本作では、ジャズ、クラシックの枠を超えた色彩感あふれる美しいサウンドスケープを展開。弱冠23歳でブルーノート・レコーズと契約したジャズ界のライジング・スター、ジョエル・ロス(vib)が4曲に参加しています。また、ジャケットのイラストは、〈グラミー賞〉常連のジャズ・シンガー、セシル・マクロリン・サルヴァントが担当しています。



■2019年5月17日(金)
メリッサ・アルダナ
ヴィジョンズ

CD AGIPi-3640 2,400円 + 税

[収録曲]
01. Visions
02. Acceptance
03. La Madrina
04. Perdon
05. Abre Tus Ojos
06. Elsewhere
07 Dos Casas Un Puente
08. Never Let Me Go
09. The Search
10. Su Trajedia
11. El Castillo de Velenje

[演奏]
Melissa Aldana(ts)
Sam Harris(p, Rhodes on Track5)
Pablo Menares(b)
Tommy Crane(ds)
Joel Ross(vib)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015