ニュース

ドリームワークス最新作「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」12月劇場公開

ディーン・デュボア   2019/07/24 13:45掲載
はてなブックマークに追加
ドリームワークス最新作「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」12月劇場公開
 『ヒックとドラゴン』シリーズの最新作映画「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」が、12月20日(金)より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー。特報映像とポスター・ヴィジュアルが公開されています。

 2018年公開の映画『ボス・ベイビー』で世界中に笑いと感動を届けたドリームワークス・アニメーションが“人間とドラゴン”の新たな冒険を史上空前のスケールで描く本作。シリーズ第3弾となる「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」では、2010年公開の第1弾から6年後の世界を舞台に、バイキングの長に成長したヒックと相棒であるドラゴンのトゥースたちが新天地を求めて旅をするさまが描かれています。監督は第1弾、第2弾と同じくディーン・デュボアが務めています。

 このたび公開されたポスター・ヴィジュアルは、相棒トゥースの背に乗ったヒックと、同じくドラゴンたちの背に乗ったガールフレンドのアスティをはじめとするバーク島の仲間たち、さらには本作で新たに登場する謎に包まれた白いドラゴン“ライト・フューリー”の姿が収められ、「会えば、きっと好きになる。」というコピーが添えられています。

 特報映像は、ドラゴンの増加によりバーク島が定員オーバーとなったことで、引越しを決意したバイキングの長ヒックとドラゴンの相棒トゥースたちが地図にない“幻の場所”を求めて空や海を超えて旅立っていく様子を、ドリームワークスが誇る圧巻の映像美と壮大な音楽によって映し出しています。


© 2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」
202012月20日(金)より東京 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
gaga.ne.jp/hicdragon
配給: 東宝東和 / ギャガ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015