ニュース

ヤン・ティルセン、豪華ゲストを迎えた全曲新録のベスト・アルバムを発表

ヤン・ティルセン   2019/10/16 14:01掲載
はてなブックマークに追加
ヤン・ティルセン、豪華ゲストを迎えた全曲新録のベスト・アルバムを発表
 映画『アメリ』の『オリジナル・サウンドトラック』やソロ作品で知られるフランスの作曲家、ヤン・ティルセン(Yann Tiersen)が、スーパー・ファーリー・アニマルズグリフ・リースジョン・グラントSunn O)))スティーヴン・オマリーブロンド・レッドヘッドを迎え、全曲新たに録音したベスト・アルバム『ポートレイト』(CD TRCI-67 2,500円 + 税)を12月13日(金)に発表します。収録曲のうち、スティーヴン・オマリーが参加している「Introductory Movement」とグリフ・リースが参加している「Monochrome」が公開中。

 フランスの西に位置するウェサン島のホーム・スタジオ「The Eskal」でアナログ録音されたアルバムには、新曲3曲を含む全25曲を収録。公開中の「Monochrome」についてティルセンは「この曲の元々のヴァージョンはヴァイオリンとハープシコードがたくさんオーバーダビングされていて、常々それが、歌詞や楽曲全体をマスキングしているように感じていた。もちろん、だからといって、僕がこのヴァージョンを嫌いというわけではないのだが、私としてはもっと曲のアレンジをシンプルにして、まっすぐに歌にもっと比重を置いて誰かに歌ってもらったほうが歌詞自体がもっと伝わると思っていた」とコメント。また公開中のもう一曲「Introductory Movement」と「Prad」でギターを弾き、「Thinking Like A Mountain」ではジョン・グラントとともにライミングしているスティーヴン・オマリーについては「私はステファンの繊細さ、音楽センス、そして彼の優しさに物凄くびっくりさせられた。彼はここにやって来て、まさに正しい事を正しいタイミングでやってのけた。壁がビリビリと震えていたよ。それはもう美しく、そしてとても正確だった」と述べています。

Photo by Richard Dum



traffic
trafficjpn.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015