ニュース

ヤン・ティルセン、豪華ゲストを迎えた全曲新録のベスト・アルバムを発表

ヤン・ティルセン   2019/10/16 14:01掲載
はてなブックマークに追加
ヤン・ティルセン、豪華ゲストを迎えた全曲新録のベスト・アルバムを発表
 映画『アメリ』の『オリジナル・サウンドトラック』やソロ作品で知られるフランスの作曲家、ヤン・ティルセン(Yann Tiersen)が、スーパー・ファーリー・アニマルズグリフ・リースジョン・グラントSunn O)))スティーヴン・オマリーブロンド・レッドヘッドを迎え、全曲新たに録音したベスト・アルバム『ポートレイト』(CD TRCI-67 2,500円 + 税)を12月13日(金)に発表します。収録曲のうち、スティーヴン・オマリーが参加している「Introductory Movement」とグリフ・リースが参加している「Monochrome」が公開中。

 フランスの西に位置するウェサン島のホーム・スタジオ「The Eskal」でアナログ録音されたアルバムには、新曲3曲を含む全25曲を収録。公開中の「Monochrome」についてティルセンは「この曲の元々のヴァージョンはヴァイオリンとハープシコードがたくさんオーバーダビングされていて、常々それが、歌詞や楽曲全体をマスキングしているように感じていた。もちろん、だからといって、僕がこのヴァージョンを嫌いというわけではないのだが、私としてはもっと曲のアレンジをシンプルにして、まっすぐに歌にもっと比重を置いて誰かに歌ってもらったほうが歌詞自体がもっと伝わると思っていた」とコメント。また公開中のもう一曲「Introductory Movement」と「Prad」でギターを弾き、「Thinking Like A Mountain」ではジョン・グラントとともにライミングしているスティーヴン・オマリーについては「私はステファンの繊細さ、音楽センス、そして彼の優しさに物凄くびっくりさせられた。彼はここにやって来て、まさに正しい事を正しいタイミングでやってのけた。壁がビリビリと震えていたよ。それはもう美しく、そしてとても正確だった」と述べています。

Photo by Richard Dum



traffic
trafficjpn.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015