ニュース

クラシック音楽のラウンジ・イベント“THE NIGHTCAP”第1回にアレクセイ・ヴォロディンが登場

2019/10/21 14:02掲載
はてなブックマークに追加
クラシック音楽のラウンジ・イベント“THE NIGHTCAP”第1回にアレクセイ・ヴォロディンが登場
 夕食後、就寝前にリラックスしてくつろぐ“寝酒”の時間を意味するクラシック音楽のラウンジ・イベント“NIGHTCAP”の第1回目〈THE NIGHTCAP WITH ARTISTS ALEXEI VOLODIN〉が、10月16日(水)に東京・代官山 蔦屋書店で開催されました。本イベントには、現代ロシアを代表するピアニスト、アレクセイ・ヴォロディン(Alexei Volodin)が登場し、トークや演奏を繰り広げました。

 本イベントには、『東京ウォーカー』をはじめとする雑誌ウォーカーの総編集長を務めていた、現KADOKAWA·2021年室エグゼクティブ・プロデューサー担当部長の玉置泰紀がモデレーターとしてともに登壇。観衆の代表として素朴な疑問をヴォロディンに投げかけました。初めて日本を訪れた18年前と現在で日本の印象の変化についての質問には「変わったかという言い方をしてしまうと、プラスがマイナスになったり、その逆であったりするような感じを受けますが、そうではなく、印象が複合的(complex)なものになりました」と応じ、世界を股にかける旅続きの生活について尋ねると「旅は大好きなのですが、最近は長期的に家にいるのも良いのかなと思うようになりました。人間は自分が手に入れられないものに憧れるのが自然なのかもしれませんね」と答えるなど、ヴォロディン独自の視点を交えつつ真正面から回答。

 10月21日(月)に東京・四ッ谷 紀尾井ホールで開かれる〈アレクセイ・ヴォロディン ピアノ・リサイタル〉のプログラム“Fairy Tales”については「私が演奏会のプログラムを組む際には、何らかのストーリー性を持たせるようにしていて、コンセプトを表すタイトルを付けています。そして、私のなかにひとつの大きなルールがあるのですが、それは“自分が大好きな曲しか演奏しない”ということ。今、自分の心があまり動かないものはプログラムに入れないのです」とコメント。今回のコンセプトの核になっているメトネルは、ロシア出身で、後にイギリスに移住した作曲家兼ピアニストです。メトネルの『おとぎ話集 Fairy Tales』は、本国ロシアでも知名度の低い作品で、この作品について「音楽が有名か無名かは自分にとって大事なことではありません。その音楽が魂に触れるかどうかだけが重要なのです。そんな言い方をするとプロフェッショナルっぽくないかもしれませんが、音楽をどう分析したとしても、その音楽が活きてこなければ何にもなりませんよね。私がメトネルの音楽に感じた情熱を、今度は聴きにきた皆さまに伝えたい。それがメトネルを取り上げる理由なのです」と語りました。

 公演でメトネルに加えて演奏される、チャイコフスキーの『眠れる森の美女』をミハイル・プレトニョフ(Mikhail Pletnev)が超絶技巧のピアノ曲として編み直したヴァージョンについては、「先ほどもお話ししたように私は大好きな曲しか弾かないのですが、そのなかで(皆さまにとってなじみの薄い)新しい音楽と、人気が高くてよく知られた音楽を組み合わせて紹介したいと思っています。とにかくコンサートは、来ていただいた方に楽しんでいただくというのがいちばん大事なことですから、新しい曲を知ってもらうというのはその次なのです。人々は自分の好きな曲を聴きたいから、音楽ホールまで出かけてきてくださるわけですよね。好きな曲だからこそその期待も高まるわけですし。だから、私は知られていない曲ばかりでプログラムを構成するのは、如何なものかと思っているのです」と心意気を述べました。

©Katsunori Abe

KAJIMOTO | コンサート | THE NIGHTCAP WITH ARTISTS ALEXEI VOLODIN
www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=759

アレクセイ・ヴォロディン ピアノ・リサイタル 2019
「Fairy Tales」

www.kajimotomusic.com/alexei-volodin-2019
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015