ニュース

Deuによるソロ・プロジェクト、The Bad Ten Hoursがフル・アルバムをリリース

2020/02/26 18:00掲載
はてなブックマークに追加
Deuによるソロ・プロジェクト、The Bad Ten Hoursがフル・アルバムをリリース
 The Bad Ten Hoursが、フル・アルバム『Kanshochudoku』を2月26日(水)にデジタル配信サービスにてリリース。リード・トラック「Copycat」のミュージック・ビデオがYoutubeオフィシャルチャンネルにて公開されています。

 The Bad Ten Hoursは東京出身の音楽家、Deuによるソロ・プロジェクトで、2018年頃から活動を開始。パンクやインディ・ロック、00年代以降のガレージ・ロックに影響を受けたサウンドとDeuのハスキー・ヴォイス、英詞ながら文学的アプローチのある歌詞と、諦観の強い世界観には定評があるアーティストです。

 今回発表された『Kanshochudoku』は、これまでデジタル・リリースされた4作のシングルに新曲を追加収録した現時点でのべスト・アルバム的位置付けの作品となっていて、フランツ・フェルディナンドストロークスなど00年代ガレージ・ロックを想起させる「No Legislation Applies Here」「New Town」から幕を開け、BPM251の早急なビートで駆け抜ける「Elephant Gun」などが配置され、呟くようなポエトリーリーディングが印象的なインタールード・ナンバー「August 32」でアルバムは折り返し地点を迎えます。オールドスクール・スカ風の「You And Your Papers」、哀愁のあるブラス隊が印象的な「Pangolin」などを経て、本アルバムのリード曲である「Copycat」、ラスト・ナンバー「RUN」まで駆け抜ける内容となっており、Deuのソングライティングセンスが存分に発揮された作品に仕上がっています。

 ミックスエンジニアは、ASIAN KUNG-FU GENERATION崩壊アンプリファー』やTHE NOVEMBERSANGELS』などを手掛けたトリプルタイムスタジオの岩田純也。マスタリングエンジニアはピースミュージックの中村宗一郎が担当しています。

拡大表示


■2020年2月26日(水)配信開始
The Bad Ten Hours
『Kanshochudoku』

hyperurl.co/Kanshochudoku
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
[インタビュー] シバノソウ、少し大人になった彼女の「これから」を表明した新作EP[インタビュー] 広瀬咲楽、ナチュラルな歌声が魅力のSSW、真骨頂である春曲を集めたアルバム
[インタビュー] 橋本一子×藤本敦夫、スペシャル・ライヴ直前、マルチ・アーティスト対談[特集] 井上芳雄、デビュー20周年、スペシャルライヴを収めた豪華DVD + CD発売
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015