ニュース

「明治チェルシーの唄」の歴代ヴァージョンを集めたコンピ盤登場!

2005/04/27掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 1971年の発売開始から現在に至るまで幅広い層から愛され続けている、明治製菓のキャンデー『チェルシー』。TV-CMで少女が片言の日本語で言う「アナタにも、チェルシー、あげターイ」の名フレーズを誰もが一度は真似したこともあるかと思いますが、そのTV-CMでも使用され、誰もが口づさめる親しみやすいメロディとして時代を超えて歌い継がれてきた「明治チェルシーの唄」の歴代ヴァージョンを集めたコンピレーション・アルバム『明治チェルシーの唄』(TECH-20051 \2,000(税込)・写真)がリリースされることに!

 「明治チェルシーの唄」は作曲を手掛けた小林亜星が、スコットランドの伝統のおいしさがある商品からスコットランドやアイルランド民謡のような曲をまずはイメージし、そこにフォーク・ソングのアコースティック感をプラスして完成させたという曲。これまでに、シモンズガロ南沙織サーカス大貫妙子、シーナ(シーナ&ロケッツ)、上原多香子PUFFYCHEMISTRYらによって歌い継がれてきましたが、本作にはその歴代アーティストそれぞれのヴァージョンから14ヴァージョンをセレクトして収録する予定です。この春、爽やかなひと時を過ごすアイテムとしてアナタもいかがでしょうか? リリースは5月25日を予定しています。

『明治チェルシーの唄』(TECH-20051 \2,000(税込))
≪収録予定アーティスト≫
・1971年 シモンズ
・1972年 ガロ
・1975年 ペドロ&カプリシャス
・1976年 南 沙織
・1979年 サーカス
・1981年 八神純子
・1984年 大貫妙子
・1985年 アグネス・チャン
・1988年 蒲原史子(ソプラノ)
・1991年 有澤圭子
・1994年 シーナ(シーナ&ロケッツ)
・1997年 PUFFY
・2000年 上原多香子
・2003年 CHEMISTRY
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015