ニュース

新国立劇場バレエ団、ウエイン・イーグリング振付けの公演『眠れる森の美女』を2月に開催

2021/01/26 13:08掲載
はてなブックマークに追加
新国立劇場バレエ団、ウエイン・イーグリング振付けの公演『眠れる森の美女』を2月に開催
 チャイコフスキー作曲の音楽とともにストーリーが展開する傑作バレエのひとつ、『眠れる森の美女』の公演が、2月20日(土)から東京・新国立劇場で開催されます。振付けを担当したのは、英ロイヤル・バレエ団で長年活躍し、現役引退後はオランダ国立バレエやイングリッシュ・ナショナル・バレエの芸術監督を務めたウエイン・イーグリング。『眠れる森の美女』はイーグリングが2014年の新国立劇場バレエ団の公演のために改訂振付けを施し、古典のスタイルを守りながら現代的な感覚を活かした舞台と高い評価を得たもので、これまでにもたびたび再演されている人気演目です。

 出演はオーロラ姫が小野絢子、木村優里、米沢唯(日替わり)、デジレ王子が福岡雄大、井澤駿、渡邊峻郁(日替わり)。音楽は冨田実里指揮東京交響楽団。元ダンサーとしてのセンスが光るトゥール・ヴァン・シャイクの洗練された色彩豊かな衣裳、川口直次による格調高く豪華絢爛な美術も見どころです。

Photo by 鹿摩隆司

新国立劇場バレエ団
www.nntt.jac.go.jp/ballet/sleepingbeauty
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』[特集] 半美子、今こそ“心のふるさと”に帰ろう、半美子初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015