ニュース

シチュエーションCD『Loving House』最新巻となるVol.4がリリース 古川慎インタビューも

2021/07/28 12:48掲載
はてなブックマークに追加
シチュエーションCD『Loving House』最新巻となるVol.4がリリース 古川慎インタビューも
 女性向けCDレーベル「MintLip」より、婚約×同居をテーマにしたシチュエーションCD『Loving House(ラビングハウス)』の最新巻『Loving House Vol.4 藍沢宝』が7月28日(水)日にリリースされます。

 藍沢宝(CV: 古川慎)キャストインタビューが到着。

[藍沢宝(CV: 古川慎)インタビュー]
Q1. ご自身が演じられたキャラクターについてどのような印象がありましたか?
宝は、ものすごくとっつきやすくて人懐っこい人だと思いました。誰からも好かれる人なんだけど、だからこそ特定の相手を見つけられない悩みを抱えている部分もあるんだなと。とても難しいところですが『いい人』だけじゃダメというか、それを体現しているような人だなと思いました。その部分も含めて演じていて楽しかったです。
男性目線ではありますが僕から見て彼には魅力がたくさんあるので、ヒロインが宝と偽装婚約という形からでも仲を深められて良かったな、宝もラッキーだったね!と思いました(笑)。


Q2. もしご自身が、なんでもアリな政令を作れるとしたらどんなものを作ってみたいですか?
全人類が、すごく美化した自分の顔になれる法律!(笑)
体型とか関係なく、自分の顔のパーツでできる全盛期の顔になれる、みたいな。それによって外見的な差異を埋めるというのがいいんじゃないかなと思いました(笑)。
顔の好みは人それぞれですが、容姿レベルでどうこう言われるよりも、その人の生き方や考え方で判断されるようになってほしいですよね。
僕自身がこうなってほしいなって思っちゃいます……(笑)。


Q3. 作品タイトルの「House」という単語にちなんでの質問です。自宅で過ごす中で譲れないマイルールや、ルーティンはありますか?
起きた時、水を一杯飲むようにしているのですが、蛇口に浄水器がついていてある程度流してから水を飲むようにしています!
その時に水道管に溜まっているお水は、ある程度時間が経ってしまっているから流してからの方がいいと聞いてからずっと続けていますね。


Q4. 同居と婚約が本作のテーマでしたが、一人でのんびり過ごすか、皆でわいわい過ごすか、どちらの方が好きですか?
ケースバイケースではありますが、基本的に一人でのんびり過ごす方が好きです。
ただ、勝手知ったる仲の人たちとするパーティーなどで考えると、皆でわいわい過ごすのも好きです。仲がいい人たちだと、ちょっと俺休んでくるわ、と涼みに行っても許容してくれるじゃないですか(笑)。
初対面の人がいる場だとお互いに気を遣ってしまってあんまり自由な行動はできないので…。だからどちらかというと、一人でのんびり過ごす方が好きですね。


Q5.ファンの皆様に向けてのメッセージをお願いいたします。
まだ僕は今までのLoving HouseシリーズのCDを聞けていないのですが、今回のVol.4はどれにも負けないほど楽しいコメディを織り交ぜられた作品になっているはずです!
なんでもない日常があり、あっさりしているように見えてとても満足度が高いものに仕上がったんじゃないかなと思っています。
お話も含め、最後まで幸せに紡いでいったのでぜひ聞いて下さると嬉しいです。
もちろんこれまでの巻も個性的なキャラクターが登場して素敵な作品になっていると思いますので、そちらもあわせて楽しんでいただけたら幸いです!よろしくお願いします!


拡大表示

©MintLip

「Loving House」公式サイト
www.team-e.co.jp/mintlip/lovinghouse
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015