ニュース

クラシック界を席巻する26歳の指揮者、クラウス・マケラが来日記念盤を発表

2022/08/05 12:38掲載
はてなブックマークに追加
クラシック界を席巻する26歳の指揮者、クラウス・マケラが来日記念盤を発表
 国際的な評価が高まるなか、2027年からロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者に就任することが発表された26歳の指揮者 / チェリストのクラウス・マケラが、10月にパリ管弦楽団と来日します。これを記念して、『シベリウス:交響曲第2番&第5番』が10月5日(水)に日本限定で発売されます。

 マケラは、3月にクラシックの名門レーベルDECCAと専属契約を結び、デビュー作『シベリウス:交響曲全集』を発表。DECCAが指揮者と専属契約したのは、イタリアの名指揮者リッカルド・シャイー以来40年ぶりと話題になりました。来日記念盤は、『シベリウス:交響曲全集』から、交響曲第2番と第5番をカップリングしたもの。2021年2月にオスロのコンセルトフスでオスロ・フィルハーモニー管弦楽団と録音した音源を収録しています。このシーズンはパンデミックの影響で中断されたため、マケラとオスロ・フィルは2021年の春の大半をシベリウスの音楽だけを演奏することに費やし、マケラはシベリウスの録音について「何度も演奏して、録音しました。シベリウスの音楽は、他の作曲家と同じように、学ばなければならない言語であるので、このような状況であったからこそ、完成することができた作品です」とコメントしています。

 10月の来日公演は、音楽監督を務めるパリ管を率いたもの。ソリストにアリス=紗良・オット(東京・名古屋・岡山のみ)を迎え、東京、愛知・名古屋、岡山、大阪で全6公演行なわれ、ドビュッシーラヴェルストラヴィンスキーを披露する予定です。岡山公演のチケットは8月5日(金)、東京、名古屋、大阪のチケットは8月7日(日)に一般発売されます。

Photo by Marco Borggreve

ユニバーサル ミュージック
universal-music.co.jp/klaus-makela


セキスイハイム presents クラウス・マケラ指揮 パリ管弦楽団 日本ツアー
avex.jp/classics/odp2022
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015