ニュース

アニメ化50周年『ルパン三世』×原作40周年『キャッツ・アイ』、W周年記念コラボ・アニメ制作決定

2022/09/22 12:37掲載
はてなブックマークに追加
アニメ化50周年『ルパン三世』×原作40周年『キャッツ・アイ』、W周年記念コラボ・アニメ制作決定
 2021年から2022年にかけて、『ルパン三世』アニメ化50周年、そして『キャッツ・アイ』原作40周年という両作品にとっての記念イヤーのラストを飾るスペシャルな作品として、トムス・エンタテインメントがAmazon Original『ルパン三世 VS キャッツ・アイ』を制作。Amazon Originalでは日本のアニメーション映画作品として初めて、2023年よりPrime Videoにて世界独占配信されることが決定しました。

 モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』は、世界的大泥棒アルセーヌ・ルパンの孫であるルパン三世と、次元大介、石川五ェ門、峰不二子ら仲間と、宿敵・銭形警部ら個性的なキャラクターが織りなすアクション・アニメ。また、北条司原作の初連載作品となるアニメ『キャッツ・アイ』は、ある時は怪盗、ある時は喫茶店の美人3姉妹。華麗に夜を駆け、世間を騒がせるキャッツアイたちが暗躍するラヴ・コメディ・アニメ。

 本作の物語は、『キャッツ・アイ』連載当時の1980年代を舞台に、レトロ&スタイリッシュな、爽快クライム・アクションが繰り広げられます。“泥棒×怪盗”のハイブリッドなコラボレーション作品『ルパン三世 VS キャッツ・アイ』に是非ご期待ください。

 この度、制作決定に際して、ティザー・ヴィジュアル、PV第1弾、『キャッツ・アイ』原作者・北条司、制作関係者よりコメントが到着しました。

[コメント]
『ルパン三世』は、中学生の時から読んでいた大先輩の作品です。モンキー・パンチ先生がこのコラボの話を聞かれたらどんな反応をされていたかな…?と考えずにはいられません。生前、何度かバーでご一緒する機会がありましたが、お互いマンガのお話をすることはありませんでした。ある時、人づてに頼みたいことがあると言われ、ただそれをおうかがいする前に亡くなられてしまいました。それがさすがにこのコラボの話ではなかったとは思いますが、今回、不思議なご縁でご一緒することができて嬉しいです。モンキー・パンチ先生にも喜んでいただけていたら良いなと心より願っています。
――『キャッツ・アイ』原作者: 北条司

モンキー・パンチは、『キャッツ・アイ』の世界観が大好きでした。
『キャッツ・アイ』と『ルパン三世』が対決したらきっと面白い作品になるだろうと、楽しそうに話をしていたことがあります。
親しく交流させていただいた北条先生の『キャッツ・アイ』と、『ルパン三世』のコラボレーションは、熱望していたモンキー・パンチ
にとって、夢のような企画だと思います。
原作者でも、アニメの『ルパン三世』は、ファンの一人として楽しむ人でした。
きっと、今回の企画も、ファンの一人として、作品完成を待ちわびていると思います。

――エム・ピー・ワークス代表: 加藤州平(モンキー・パンチ 次男)

『ルパン三世』はアニメ化50周年、『キャッツ・アイ』は原作40周年。
記念すべき年に、まさかの対決?ができるとは思っていませんでした。
ルパン、次元、五ェ門と銭形のとっつぁん。そして、不二子ちゃんと3姉妹!
今からとても楽しみです!

――ルパン三世役: 栗田貫一

お話聞いて、えーー?マジーー?って感じでひっくり返りました!(笑)
何十年ぶりとかは最早考えたくない!(笑)お祭り気分で楽しもうと思います。

――来生瞳役: 戸田恵子

『ルパン三世 VS 名探偵コナン』に継ぐ夢のコラボ作品『ルパン三世 VS キャッツ・アイ』。泥棒 VS 怪盗ということもあり華麗でスタイリッシュなアクション要素も満載なテンポのいい作品に仕上がりました。北条先生からモンキー先生へのリスペクトもあり「ルパンの世界観にキャッツたちが存在している様に見せたい、ルパンのキャラクターに寄せてほしい」というオーダーがあったため、漫画家の中田春彌先生にイラストを描いていただき、両方のキャラクターを一新いたしました。また、ルパンのジャケットがピンクなのは、『キャッツ・アイ』の時代設定が80年代であり、本作もその時代設定をフィーチャーしているため「80年代のルパンと言えばピンク」という思いがあり決定しました。
――プロデューサー: 石山桂一


©モンキー・パンチ 北条司/ルパン三世 VS キャッツ・アイ製作委員会

Amazon Original『ルパン三世 VS キャッツ・アイ』
2023年よりPrime Videoにて“世界独占配信”
https://www.lupin-vs-catseye.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015