ニュース

冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』にダブミックスの巨匠エイドリアン・シャーウッドが登場決定

エイドリアン・シャーウッド   2016/09/15 17:22掲載
はてなブックマークに追加
冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』にダブミックスの巨匠エイドリアン・シャーウッドが登場決定
 11月11日(金)および12日(土)に東京・渋谷 Bunkamuraオーチャードホールで予定されている、先頃逝去した作曲家 / シンセサイザー・アーティスト冨田 勲の追悼公演〈冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』〉の第1部に、追加の上演プログラムが決定。英国出身のダブミックスの巨匠エイドリアン・シャーウッド(Adrian Sherwood)が来日し、追悼特別プログラムとして冨田が世界的ヒットとなったシンセサイザー作品の代表作「惑星 Planets」のライヴ・ダブミックスを披露することが発表されています。

 1977年に発表された「惑星 Planets」は、当時シンセサイザー・アーティストとして世界的名声を誇っていた冨田が、ホルストのオーケストラ組曲「惑星」をシンセサイザー作品として昇華させたもの。全世界で250万枚を超える大ヒットを記録した、冨田のシンセサイザー作品の代表作であり、宇宙を描いた音楽の代名詞ともいえる作品です。

 すみずみまで精巧に作りこまれた内容ゆえに、これまでリミックス等で手を加えることがけっして許可されなかった本作を、“理想のサウンドを追究するISAO TOMITAの想いを、次世代のアーティスト達に引き継いでもらいたい”という遺族の意向もふまえ、本公演にて追悼特別プログラムとして初のオフィシャル・リミックスでのパフォーマンスを行なうことが決定。ジャンルを横断して世界のアーティストとコラボレーションを繰り広げるエイドリアン・シャーウッドに、初のリミックス・パフォーマーとして白羽の矢がたちました。

 本公演は、はじめに『イーハトーヴ交響曲』、そして最後にスペース・バレエ・シンフォニー『ドクター・コッペリウス』という、バーチャル・シンガー初音ミクとオーケストラのコラボレーション2作品を上演することがすでに発表されており、その2作に挟まれるかたちで、「惑星 Live Dub Mix」が上演されます。

冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』
東京 渋谷 Bunkamuraオーチャードホール
2016年11月11日(金)開演 19:00
2016年11月12日(土)開演 13:30
2016年11月12日(土)開演 18:00
S 10,000円 / A 8,500円(全席指定)
※未就学児童入場不可

※お問い合わせ: キョードー東京 0570-550-799(平日 11:00〜18:00 / 土日祝 10:00〜18:00)

[曲目]
第1部『イーハトーヴ交響曲』「惑星 Planets Live Dub Mix」
第2部『ドクター・コッペリウス』  

[第一部]
『イーハトーヴ交響曲』
作曲: 冨田 勲
リアルタイム3D映像投射技術: クリプトン・フューチャー・メディア
渡邊一正指揮東京フィルハーモニー交響楽団
バーチャル・シンガー: 初音ミク
「惑星 Planets Live Dub Mix」
ダブミックス: エイドリアン・シャーウッド

[第二部]
スペース・バレエ・シンフォニー『ドクター・コッペリウス』
制作・ストーリー原案: 冨田 勲
リアルタイム3D映像投射技術: クリプトン・フューチャー・メディア
エレクトロニクス: ことぶき光
振付: 辻本知彦
出演: 初音ミク / 風間無限
渡邊一正指揮東京フィルハーモニー交響楽団
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015