ニュース

アレクサンドル・ラザレフ&日本フィルによるストラヴィンスキー『ペルセフォーヌ』日本初演のライヴ録音登場

アレクサンドル・ラザレフ(Alexander Lazarev)   2018/09/27 13:57掲載
はてなブックマークに追加
 ロシアを代表する指揮者のひとりであるアレクサンドル・ラザレフ(Alexander Lazarev)と日本フィルハーモニー交響楽団が、ナレーションにドルニオク綾乃、テノールにポール・グローヴス(Paul Groves)、そして晋友会合唱団東京少年少女合唱隊を迎えて行なったストラヴィンスキーのメロドラマ『ペルセフォーヌ』の日本初演をライヴ録音で収めたアルバム『ストラヴィンスキー: ペルセフォーヌ』(OVCL-00680 3,000円 + 税)を9月26日(水)にリリース。

 『ペルセフォーヌ』は、ストラヴィンスキーの音楽とアンドレ・ジッドの台本でギリシャ神話の物語を描いたメロドラマ。オーケストラ、テノール独唱、合唱、ナレーションを要する編成の大きさから、演奏機会の少ない秘曲と言われています。

 ラザレフと日本フィルは2018年5月、同楽団の第700回目の定期演奏会で本作品を日本初演。本盤は、このコンビの長い歩みによって築かれた信頼関係の証ともいえる名演を、ライヴ録音で余すところなく収めています。

■2018年9月26日(水)発売
ストラヴィンスキー: ペルセフォーヌ
OVCL-00680 3,000円 + 税

[収録曲]
ストラヴィンスキー:
01. ペルセフォーヌ

[演奏]
アレクサンドル・ラザレフ指揮日本フィルハーモニー交響楽団 / ドルニオク綾乃(ナレーション) / ポール・グローヴス(T) / 晋友会合唱団 / 東京少年少女合唱隊

[録音]
2018年5月18〜19日 東京 赤坂 サントリーホール
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015