ニュース

アレクサンドル・ラザレフ&日本フィルによるストラヴィンスキー『ペルセフォーヌ』日本初演のライヴ録音登場

アレクサンドル・ラザレフ(Alexander Lazarev)   2018/09/27 13:57掲載
はてなブックマークに追加
 ロシアを代表する指揮者のひとりであるアレクサンドル・ラザレフ(Alexander Lazarev)と日本フィルハーモニー交響楽団が、ナレーションにドルニオク綾乃、テノールにポール・グローヴス(Paul Groves)、そして晋友会合唱団東京少年少女合唱隊を迎えて行なったストラヴィンスキーのメロドラマ『ペルセフォーヌ』の日本初演をライヴ録音で収めたアルバム『ストラヴィンスキー: ペルセフォーヌ』(OVCL-00680 3,000円 + 税)を9月26日(水)にリリース。

 『ペルセフォーヌ』は、ストラヴィンスキーの音楽とアンドレ・ジッドの台本でギリシャ神話の物語を描いたメロドラマ。オーケストラ、テノール独唱、合唱、ナレーションを要する編成の大きさから、演奏機会の少ない秘曲と言われています。

 ラザレフと日本フィルは2018年5月、同楽団の第700回目の定期演奏会で本作品を日本初演。本盤は、このコンビの長い歩みによって築かれた信頼関係の証ともいえる名演を、ライヴ録音で余すところなく収めています。

■2018年9月26日(水)発売
ストラヴィンスキー: ペルセフォーヌ
OVCL-00680 3,000円 + 税

[収録曲]
ストラヴィンスキー:
01. ペルセフォーヌ

[演奏]
アレクサンドル・ラザレフ指揮日本フィルハーモニー交響楽団 / ドルニオク綾乃(ナレーション) / ポール・グローヴス(T) / 晋友会合唱団 / 東京少年少女合唱隊

[録音]
2018年5月18〜19日 東京 赤坂 サントリーホール
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015