ニュース

アリーナ・イブラギモヴァ&セドリック・ティベルギアン、2月に来日公演開催

アリーナ・イブラギモヴァ   2019/01/21 12:28掲載
はてなブックマークに追加
アリーナ・イブラギモヴァ&セドリック・ティベルギアン、2月に来日公演開催
 いまもっとも注目される気鋭のデュオ、ヴァイオリニストのアリーナ・イブラギモヴァ(Alina Ibragimova)とピアニストのセドリック・ティベルギアン(Cédric Tiberghien)が、2月に来日公演を開催。公演は2月13日(水)東京・銀座 王子ホールを皮切りに、2月14日(木)大阪・いずみホール、2月16日(土)神奈川・横浜市青葉区民文化センター フィリアホール、2月17日(日)埼玉・彩の国さいたま芸術劇場、2月19日(火)神奈川・横浜みなとみらいホールで行なわれます。

 イブラギモヴァは、バロック音楽から現代作品まで幅広いレパートリーを持ち、なおかつピリオド楽器、モダン楽器を自由自在に行き来する、現代を象徴するヴァイオリニスト。ティベルギアンは、1998年に〈ロン=ティボー国際コンクール〉で優勝、合わせて5つの特別賞も受賞し、2018年9月にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会にデビューしたヴィルトゥオーゾ・ピアニストです。それぞれがソリストとして活躍する一方で、世界各地のコンサートホールや音楽祭で共演を重ねています。

 今回の来日公演では、王子ホール、いずみホール、横浜みなとみらいホールでブラームスのヴァイオリン・ソナタ全曲を演奏。フィリアホールと彩の国さいたま芸術劇場では、ベートーヴェンヤナーチェクケージシューマンなど、時代も国も多岐にわたる作品によるプログラムが予定されています。

 さらに今回の来日記念盤として、同デュオによる『フランク&ヴィエルヌ: ヴァイオリン・ソナタ集』(PCDA-68204 2,857円 + 税)が2月に発売される予定です。

アリーナ・イブラギモヴァ&セドリック・ティベルギアン

2019年2月13日(水)
東京 銀座 王子ホール 
19:00〜
※チケット完売
www.ojihall.jp/concert/lineup/2018/20190213.html

2月14日(木)
大阪 いずみホール
19:00〜
www.izumihall.jp/schedule/concert.html?cid=1810&y=2019&m=2

2月16日(土)
神奈川 横浜市青葉区民文化センター フィリアホール
17:00〜
www.philiahall.com/html/series/190216.html

2月17日(日)
埼玉 彩の国さいたま芸術劇場
15:00〜
www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/5771

2月19日(火)
神奈川 横浜みなとみらいホール
19:00〜
www.yaf.or.jp/mmh/recommend/2019/02/20-5.php

■2019年2月15日(金)発売予定
フランク&ヴィエルヌ: ヴァイオリン・ソナタ集
CD PCDA-68204 2,857円 + 税

[収録曲]
イザイ: 悲劇的な詩 op.12
フランク: ヴァイオリン・ソナタ イ長調
ヴィエルヌ: ヴァイオリン・ソナタ ト短調 op.23
リリ・ブーランジェ: ヴァイオリンとピアノのための夜想曲


[演奏]
アリーナ・イブラギモヴァ(vn) / セドリック・ティベルギアン(p)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「家族ができてすべてが変わった」結婚、子供、生活。激動の7年間を過ごしたT2Kが待望の新作を発表[インタビュー] ハミ出し者の生き様――DOGMA x LORD 8ERZ『DROPOUT SIDING』
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015