ニュース

アルヴァ・ノト、“デジタル複製”をテーマにしたシリーズ最新作『Xerrox Vol.4』を発表

アルヴァ・ノト   2020/06/03 13:48掲載
はてなブックマークに追加
アルヴァ・ノト、“デジタル複製”をテーマにしたシリーズ最新作『Xerrox Vol.4』を発表
 坂本龍一とのコラボレーションでも知られるドイツ人サウンド・アーティスト、アルヴァ・ノト(Alva Noto)が、“デジタル複製”をテーマに2007年にスタートさせた“ゼロックス・シリーズ”の最新作『Xerrox Vol.4』(CD AMIP-0215 2,180円 + 税)を6月26日(金)に発表します。アルバム収録曲「Xerrox Voyage」が公開されています。

 5部作となる予定のこのシリーズは、コピー(複製)というプロセスをベースに、無限の複製によるデータ操作で作曲を行なうプロジェクト。「他のコピーからコピーを作成するという手順には固有の間違いが生じるため、複製元である日常のサウンドはオリジナルと関連づけることができなくなるほどに大きく変化し、その結果、全く新しい音が作り出され、オリジナルのコピーがオリジナルそのものとなる」とアルヴァ・ノトことカールステン・ニコライはコメントしており、ここではよりハーモニー重視の作曲テクニックを披露しています。

 外部素材からのサンプリングやレコーディングの断片が出発点となっていたこれまでのXerrox作品とは異なり、Vol.4では、統一感のあるシネマティックなサウンドスケープ、温かみのあるコード、爪弾かれるデジタル・アンビエンス、液状化したエレクトロニクス、ドローン、そしてストリングスの洪水に支えられたノイズを融合させて、有機的な暖かさと静かな曲線の間の緊張感、遠くに聞こえる轟音や電子の滝の中に広がるトーンを生み出しています。

Photo by Andrey Bold



インパートメント
www.inpartmaint.com/site/29717
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015