ニュース

“クラリネット界のプリンス”アンドレアス・オッテンザマー、アルバム『ブルー・アワー』を発売

アンドレアス・オッテンザマー(Andreas Ottensamer)   2019/03/19 13:46掲載
はてなブックマークに追加
 “クラリネット界のプリンス”と称されるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者のアンドレアス・オッテンザマー(Andreas Ottensamer)が、最新アルバム『ブルー・アワー』(UCCG-1835 2,800円 + 税)を3月13日(水)にリリース。

 アンドレアス・オッテンザマーは、父の故エルンストと兄のダニエルがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席クラリネット奏者で、自身はベルリン・フィルの首席を務めるという、クラリネット界のサラブレッド。ソリストや室内楽奏者としても第一級の腕前を持ち、クラシック・ファンからの支持を得るばかりでなく、中高生の吹奏楽ファンのアイドルでもあります。

 本作は、クラリネットのための作品の中で最も重要な作品のひとつであるウェーバーのクラリネット協奏曲第1番と、協奏的大二重奏曲というヴィルトゥオーソ的な作品に加え、その多くをオッテンザマー自身が新しくアレンジしたブラームスメンデルスゾーンのロマンティックな作品を収録した内容。協奏曲では、マリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)指揮ベルリン・フィルを共演に迎えています。協奏曲以外の楽曲では、いま最も注目を浴びるヴィルトゥオーソ・ピアニストのユジャ・ワン(Yuja Wang)を共演者に迎え、フレッシュで鋭敏な感性による演奏を展開しています。



■2019年3月13日(水)発売
ブルー・アワー
CD UCCG-1835 2,800円 + 税

[収録曲]
01. ブラームス / ポポフ編: 間奏曲イ長調op.118-2
02. ウェーバー: クラリネット協奏曲第1番ヘ短調op.73
03. メンデルスゾーン / オッテンザマー編: 無言歌op.85-6
04. メンデルスゾーン / オッテンザマー編: 無言歌op.102-1
05. ブラームス / オッテンザマー編: 旋律のようにop.105-1
06. メンデルスゾーン / オッテンザマー編: 無言歌op.30-4
07. メンデルスゾーン / オッテンザマー編: 無言歌op.67-3
08. ウェーバー: 協奏的大二重奏曲変ホ長調op.48(クラリネットとピアノのための)
09. メンデルスゾーン / オッテンザマー編: 無言歌op.30-6
10. メンデルスゾーン / オッテンザマー編: 無言歌op.67-2
11. メンデルスゾーン / オッテンザマー編: 無言歌op.85-4


[演奏]
アンドレアス・オッテンザマー(cl) / ユジャ・ワン(p / 01,03〜11) / マリス・ヤンソンス指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(02)

[録音]
2018年8月 ベルリン マイスターザール(01, 03〜11)
2017年4月 ベルリン フィルハーモニー(02)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015