ニュース

アンドリス・ネルソンス&ボストン響、ショスタコーヴィチ・シリーズの第3弾をリリース

アンドリス・ネルソンス   2018/07/19 12:59掲載
はてなブックマークに追加
 ラトヴィア出身の俊英指揮者アンドリス・ネルソンス(Andris Nelsons)が、自身が音楽監督を務めるボストン交響楽団と進めるショスタコーヴィチ・シリーズの第3弾『ショスタコーヴィチ: 交響曲第4番&第11番「1905年」』(UCCG-1802〜3 3,500円 + 税)を7月18日(水)にリリース。

 ドイツ・グラモフォン(DG)とボストン響は当初、ショスタコーヴィチの交響曲第5番〜10番に管弦楽作品を加えた5枚のアルバムの契約を発表したものの、第1弾『ショスタコーヴィチ: 交響曲第10番 他』(UCCG-1709)の絶賛を受け、交響曲の全曲録音へと企画を変更。本シリーズは、第1弾が第58回〈グラミー賞〉の“クラシック部門 ベスト・オーケストラル・パフォーマンス賞”、第2弾『ショスタコーヴィチ: 交響曲5番、第8番、第9番 他』(UCCG-1741〜2)が第59回〈グラミー賞〉の同賞を受賞。〈グラミー賞〉を連覇しています。

 そのネルソンス&ボストン響によるショスタコーヴィチ・シリーズの第3弾となる本作は、昨年の来日公演での圧倒的な名演が記憶に新しい交響曲第11番と、マーラーの影響が色濃く、編成も最大で技術的にも至難の第4番を収録。当時ソ連領だったラトヴィア・リガに生まれ、ソビエトの音楽的伝統のもとで教育された最後の指揮者のひとりであり、サンクトペテルブルクで長く学んだネルソンスの独自の視点で、ショスタコーヴィチの名作に新たな息を吹き込んでいます。

■2018年7月18日(水)発売
ショスタコーヴィチ: 交響曲第4番&第11番「1905年」
UCCG-1802〜3 3,500円 + 税

[Disc1]
ショスタコーヴィチ:
01. 交響曲第4番ハ短調op.43

[Disc2]
01. 交響曲第11番ト短調op.103「1905年」

[演奏]
アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団

[録音]
2018年3〜4月(Disc1)、2017年9〜10月(Disc2) 米ボストン シンフォニー・ホール
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015