ニュース

北欧の彗星はもはや巨星となった

アネクドテン(ANEKDOTEN)   2003/07/29掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 70年代キング・クリムゾンの強烈なフォロワーとして(それを自ら声高に宣言しながら)登場し、安定した人気と地位を確立したアネクドテン。曲調はクリムゾンでジャケットはキーフに似ているというツボ突きまくりのデビュー作『暗鬱』から徐々に自己を開拓、枚数を重ねるごとに「クリムゾン・テイストながら脱クリムゾン」という指針と戦ってきた彼らですが、そのひとつの結晶となるに違いない、3年ぶり、待望の新作がリリースされます。

 スタジオ作では4作めとなる『グラヴィティー』(ARC-1061)は、前作『フロム・ウィズイン』(写真)の路線を引き継ぎつつ、あいかわらずメロトロン炸裂で、より耽美な世界を構築した作品とのこと。少しずつ自己構築に向かっている彼らのこと、近年の大きな魅力である「クリムゾン的というよりアネクドテン的」な部分を強調してくれることでしょう。そうなることを期待。

 特に彼らは日本からのプッシュが強力で、本作は日本盤のみ初回限定盤には素晴らしい特典アリ。紙ジャケット仕様なうえに、何と! 2000年のNear Fest Liveで演奏された未発表ライヴ音源「ホール」「錯乱の輪」を収めたボーナス・ミニCDが付属します。発売日の9/8(月)にはしっかり\2,940(税込)を用意しておきましょう。輸入盤国内仕様ですが、オマケを考えると輸入盤より数段お得ですぞ!
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015