ニュース

“北欧のキング・クリムゾン”、アネクドテンの最新ライヴ盤が登場!

アネクドテン(ANEKDOTEN)   2005/07/08掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 北欧のプログレッシヴ・ロック・シーンで当代随一の人気を誇るアネクドテンが、フルとしては2枚目となるライヴ盤をリリース。タイトルは『ウェイキング・ザ・デッド〜ライヴ・イン・ジャパン 2005』(ARC-1094 \2,940(税込))。

 コレは今年の2月25日、26日、東京キネマ倶楽部で行なわれた2度目の来日公演を収めたもの。その2回の公演からベスト・テイクを選び、構成された作品になっています。メロトロン3台によるインプロヴィゼーション「Moons Of Mars」、デビュー作『暗鬱(原題:Vemod)』(写真/93年)の、日本盤(95年発売)のみに収録された極上のシンフォニック・チューン「Sad Rain」、さらには新曲「This Too Will Pass」まで、全11曲を収録する予定です。

 そのメロトロンを大々的にフィーチャーした叙情性と、ヘヴィかつ破壊的なインプロのコントラストにより、“北欧のキング・クリムゾン”との異名を取る彼らのライヴ。未体験の方は本作でその魅力に触れてみてはいかがでしょうか? 発売はディスクユニオンのプログレ専門レーベル、アルカンジェロから9月22日の予定です。なお、初回版のみ紙ジャケット仕様となります。

●『ウェイキング・ザ・デッド〜ライヴ・イン・ジャパン 2005』収録曲
01. Monolith
02. From Within
03. Kiss Of Life
04. Hole
05. SW4
06. Moons Of Mars(3 mellotron improvisation)
07. The Sun Absolute
08. Ricochet
09. Gravity
10. This Too Will Pass
11. Sad Rain
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015