ニュース

杏沙子、ファン投票による人気曲ばかりを集めた配信ワンマン・ライヴを開催

杏沙子   2020/09/28 13:40掲載
はてなブックマークに追加
杏沙子、ファン投票による人気曲ばかりを集めた配信ワンマン・ライヴを開催
 シンガー・ソングライターの杏沙子が、9月27日に配信ライヴ〈ONLINEワンマン 「フェルマータ、ストーリー 〜21分の12〜」〉を開催しました。

 本公演は、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、中止となってしまったワンマン・ライヴ〈NO MAKE, LIVE〉のツアー・ファイナル・東京公演を行なう予定だったこの日に、東京・Veats Shibuyaより生配信されました。

 今回のセットリストは“杏沙子の総選挙”と称し1stアルバム『フェルマータ』と2ndアルバム『ノーメイク、ストーリー』に収録されている全21曲の中からライヴで聴きたい曲を事前にファンに投票してもらい、ランキングの上位12曲を披露するといったファン参加型のスぺシャル・ライヴ。

 普段のライヴでは出来ないことをしたいという杏沙子のアイディアから、客席をメインステージとし、ステージ上に杏沙子とキーボードだけのアコースティック用ステージを作るなど、配信ライヴならではのシチュエーションの中で、「アップルティー」「見る目ないなぁ」などのヒット曲や、バンド体制では初披露となる「ジェットコースター」「クレンジング」など、全12曲を約1時間30分に渡り披露しました。

 また、ライヴで聴きたい楽曲のリクエスト投票では、「見る目ないなぁ」が、インディーズ期からの人気楽曲「アップルティー」を抜き、第1位に選ばれました。「見る目ないなぁ」は一つの恋が終わった帰り道を歌った楽曲で、その切ない世界観が10代20代の男女を中心に話題となり、ミュージック・ビデオの再生数は125万回を突破、コメント欄には1000件以上の共感の声が絶えず寄せられています。さらに、最近ではTikTokやインスタなどのSNSでも盛り上がりをみせ、「歌詞がグサグサ刺さる」「せつな過ぎる」などというコメントと共に数多くのカヴァー動画が投稿されるなど、様々な場面で人気を集めています。

 本公演は、10月4日(日)までの間、アーカイブ配信されており、更に、10月5日(月)から10月11日(日)まで、追加アーカイブ販売も行われます。なお、ライヴのセットリストは各プレイリストで展開しています。

拡大表示


拡大表示


拡大表示

Photo by 小野 洋平

「杏沙子 ONLINEワンマン〈フェルマータ、ストーリー 〜21分の12〜〉セットリスト
jvcmusic.lnk.to/asako_20200927
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015