ニュース

アッシュ、ニュー・アルバム『アイランズ』を5月に発表

アッシュ(UK)(Ash)   2018/02/16 12:03掲載
はてなブックマークに追加
アッシュ、ニュー・アルバム『アイランズ』を5月に発表
 結成から四半世紀を超える北アイルランドのポップ・ロック・バンド、アッシュ(ASH)がニュー・アルバム『アイランズ』を5月18日(金)にリリース。フロントマンのティム・ウィーラーがプロデュースした同作からは、「Teenage Kicks」で知られるアンダートーンズのダミアン・オニールとマイケル・ブラッドリーがバッキング・ヴォーカルで参加した収録曲「Buzzkill」が公開されています。

 「Buzzkill」についてウィーラーは「最近、何回かアンダートーンズが演奏しているのを見ていたから、〈Buzzkill〉で書いたバッキング・ヴォーカルが彼らのスタイルにそっくりだったのを後ろめたく思ったんだ。だから、ダミアン・オニールとミッキー・ブラッドリーに頼んで歌ってもらうしかないって考えたんだ。下品な言葉だらけだっていうのに彼らが引き受けてくれて、光栄な思いだったよ。楽しい曲だから、今年はこれでいくつかモッシュ・ピットに火をつけられたらいいよね」と語っています。



■2018年5月18日(金)発売
ASH
『Islands』

税込1,650円

[収録曲]
01. True Story
02. Annabel
03. Buzzkill
04. Confessions In The Pool
05. All That I Have Left
06. Don’t Need Your Love
07. Somersault
08. Did Your Love Burn Out?
09. Silver Suit
10. It’s A Trap
11. Is It True?
12. Incoming Waves
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015