ニュース

トム・モレロのソロ・プロジェクト“The Nightwatchman”!

オーディオスレイヴ(Audioslave)   2004/07/12掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 サージ・タンキアン(システム・オブ・ア・ダウン)とトム・モレロ(オーディオスレイヴレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)によって設立された政治団体“Axis of Justice(意味は“正義の枢軸”)”主宰によるライヴ・イベントが、ハリウッドにある“AVALON”にて7月17日に開催される模様です(US)。出演者の顔ぶれには、ジュラシック 5ピート・ヨーン/サージ・タンキアン/Knowledge (Ray Witter)…などに加えて、トム・モレロのソロ・プロジェクト“The Nightwatchman”が予定されているそう。以前にもイベントなどに出演し、お披露目を済ませているNightwatchman、公式HPで試聴することのできる「House Gone Up In Flames」でもお分かりの通り、アコースティックな弾き語りがメイン。上記のイベントでは、同じくオーディオスレイヴのブラッド・ウィルク(ds)を迎え、パフォーマンスを行ないます。残念ながら、Nightwatchmanでは音源をリリースする予定はないとのことですので、現在制作中であるオーディオスレイヴの2ndアルバムを楽しみに待ちましょう。ガマンできないファンの方はいざハリウッドへ。

 ちなみにオーディオスレイヴは、今夏リリースされるスライ&ザ・ファミリー・ストーンのトリビュート・アルバムにも参加(レニー・クラヴィッツブラック・アイド・ピーズベックザ・ルーツ…も参加)。詳細はまだ出ていませんが、こちらも要注目。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』
[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成![インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催
[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説
[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』
[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015