ニュース

バトルス、ユニークなゲストを迎えた新作『ジュース・B・クリプツ』を10月に発表

バトルス(BATTLES)   2019/08/08 13:46掲載
はてなブックマークに追加
バトルス、ユニークなゲストを迎えた新作『ジュース・B・クリプツ』を10月に発表
 主にベースとギターを担当していたデイヴ・コノプカが脱退し、イアン・ウィリアムス(g,key,エレクトロニクス)とジョン・ステニアー(ds)の2人組となったエクスペリメンタル・ロック・バンド、バトルス(Battles)が4年ぶりのニュー・アルバム『ジュース・B・クリプツ』を10月11日(金)に日本先行でリリース。CDのみ(BRC-613 2,200円 + 税)のほか、Tシャツ付き(BRC-613T 5,500円 + 税)の2形態。1980年代はじめ、米ニューヨークを拠点に活動していたポストパンク・バンド、リキッド・リキッドのサル・プリンシパトがヴォーカルで参加した収録曲「Titanium 2 Step」が公開中です。

 アルバムには、プリンシパトのほか、イエスの初代ヴォーカリスト、ジョン・アンダーソン、台湾のエクスペリメンタル・ロック・バンド、落差草原 WWWW(Prairie WWWW)、ジャンルレスなスタイルで活躍するニューヨークの女性アーティスト、セニア・ルビーノス、アンダーグラウンド・ヒップホップ・ユニットのシャバズ・パレセズ、ローファイでオーガニックな演奏と実験的なサウンドで知られるチューン・ヤーズ、そして国内盤にのみ収録されるボーナス・トラック「Yurt feat. Yuta Sumiyoshi(Kodo)」には、太鼓芸能集団「鼓童」の住吉佑太が参加。バトルス以外には考えられないユニークなゲストを迎えています。またプロデュースとミキシングは、ビヨンセエリカ・バドゥストロークスなどを手がけるヒット・メイカー、クリス・タブロンが手がけました。

 プリンシパトが「Titanium 2 Step」に参加したことについて、ステアニーは「長年の拠点ではあるものの、作曲からレコーディングまですべての工程をニューヨークで行なったのは今作が初めていうバトルスにとって、ニューヨークのレジェンドの参加は、完璧な作品を仕上げる上で、必要不可欠な要素だった」とコメントしています。

 バトルスは8月半ばにイギリスとイタリアで計3本のライヴを開催。その後、10月24日(木)のアイルランド・ダブリン公演を皮切りに、年末までヨーロッパと北米をツアーします。



■2019年10月11日(金)発売
バトルス
『ジュース・B・クリプツ』

CD BRC-613 2,200円 + 税
CD BRC-613T 5,500円 + 税 ※Tシャツ付き

[収録曲]
01. Ambulance
02. A Loop So Nice...
03. They Played It Twice feat. Xenia Rubinos
04. Sugar Foot feat. Jon Anderson and Prairie WWWW
05. Fort Greene Park
06. Titanium 2 Step feat. Sal Principato
07. Hiro 3
08. Izm feat. Shabazz Palaces
09. Juice B Crypts
10. The Last Supper On Shasta feat. Tune-Yards
11. Yurt feat. Yuta Sumiyoshi(Kodo)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015